このブログは何年続くのかな…
競馬予想TV!勝負の第4戦です。まずは前週までの回収率を。

【シーズン回収率】15%
【ねらい目回収率】42%
【G1レース回収率】 0%



とりあえず、たくみには勝ってるらしいw でも水上・亀谷の背中は遠いすな。では予想。

<メインレース>
京都11R エリザベス女王杯
まずはラップを見ておこう。

エリザベス女王杯 ラップ分析
年度勝ち馬勝ち時計ラップ1着位置2着位置3着位置
2010年(良)スノーフェアリー2.12.536.2-60.1-60.3-36.36-5-7-79-10-9-104-5-6-6
2009年(良)クィーンスプマンテ2.13.636.0-60.5-60.9-36.81-1-1-12-2-2-215-15-9-3
2008年(良)リトルアマポーラ2.12.135.1-59.3-60.4-35.25-5-5-36-7-6-58-8-8-8
2007年(良)ダイワスカーレット2.11.936.2-60.6-58.7-34.11-1-1-15-5-3-36-6-6-5
2006年(良)カワカミプリンセス2.11.434.8-57.4-61.8-36.58-8-7-411-11-11-117-7-8-7
2005年(良)スイープトウショウ2.12.535.1-60.0-60.0-34.710-10-10-101-1-1-16-7-9-7
2004年(良)アドマイヤグルーヴ2.13.636.2-61.0-60.0-35.49-9-9-72-2-2-215-15-13-13
2003年(良)アドマイヤグルーヴ2.11.834.4-57.5-62.1-37.39-9-10-106-6-6-614-13-13-13
2002年(良)ファインモーション2.13.236.0-60.8-59.4-33.62-3-3-24-4-5-48-8-6-7
2001年(良)トゥザヴィクトリー2.11.235.2-58.5-60.7-36.39-10-10-1014-14-14-137-8-8-8


頑張って表を作ってみたものの、ハッキリいって傾向はバラバラ。勝ち時計も、ラップも、位置取りもバラバラ。ラップから読むのはかなり難解だろう。こういう時は他のファクターから予想するのが吉。

血統はどうか。京都外回り2200mだけに上がり4F~5Fの競馬になりやすく、ヨーロッパ血統に相性のいいレースとなっている。特に相性が良いのが欧州ND系。具体的には、リファール系、ヌレイエフ系、サドラーズウェルズ系、ダンジグ系、ノーザンテースト系の5系統。これにグレイソヴリン系(欧州血統の代名詞)を加えた6系統を持つ馬を買うべきである。実は過去10年、この6系統を4代前までに持っていない馬は、ただの1頭も連対していない。ブエナビスタスティルインラブも3着止まりだった。軸はこの6系統を持っている馬から選びたい。

参考までに、今年の出走馬が6系統を持っている・持ってないを下記にまとめてみた。

持っている:アヴェンチュラ、アパパネ、ワルキューレ、レーヴディソール、レインボーダリア、ブロードストリート、オールザットジャズ、ダンシングレイン、エリンコート、グルヴェイグ、レディアルバローザ、スノーフェアリー
持っていない:イタリアンレッド、ホエールキャプチャ、サンテミリオン、アニメイトバイオ、フミノイマージン、シンメイフジ

あとは、このレースがリピーターレースである、ということも大きな特徴。去年3着のアパパネは人気を落としているが、完全無視は危険かと。

以上を踏まえ、はい結論。

◎アヴェンチュラ
なにせ血統がいい。ジャングルポケット産駒はグレイソヴリン系×ヌレイエフ系なんだから、エリ女での相性が素晴らしくいい種牡馬のはずだ。さらに秋華賞を完勝しているのも魅力。京都外回りは力のある馬が好走しやすいので、前走G1で完勝というのは大きなアドバンテージになる。

○ダンシングレイン
Danehill Dancer産駒はダンジグ系・グレイソヴリン系を持っており、このレースへの適性はかなりありそう。さらに前走の英チャンピオンズフィリーズ&メアズS(長いわ)の勝ち時計は2.27.2と比較的速い決着。これに対応できたんだから、高速馬場も大丈夫だろう。何より、実績だけで言えば去年のスノーフェアリーとほぼ互角。これで5人気なんだから、買わない方がおかしい。日本に来てから「両脚に熱を持った」とか言ってたけど、どうせお得意のフカシでしょw

▲ブロードストリート
血統はドンピシャで、出走馬ナンバーワンの評価が出来る。問題は近走の内容だが、前走は叩き台で+16kg、前々走はアヴェンチュラと0.2秒差と、負けた言い訳は出来る。この馬にとってここはラストチャンスだろうし、渾身の仕上げで来るはず。秋華賞2着馬の復活があるか。

△アパパネ
去年3着なので、辛うじて「リピーター」と言えるので抑える。

△スノーフェアリー
完全に「リピーター」なのだが、今年は既に6戦目で、しかもG1を6連戦。いくら何でも疲れてないか?それに私はダンシングレインの方が上だと見たので、押さえまでに留める。

△フミノイマージン
キレだけならメンバー随一。過去のエリ女では、上がり最速を記録した馬が勝ちきるケースが多かった。これは1枚押さえておく。

△グルヴェイグ
アドマイヤグルーヴに似た血統構成。これだけで1枚押さえたい。

イタリアンレッドは切る。まず血統が合ってない。さらに、ここまでサマーシリーズ完走の疲れは極限のレースで必ず出るはず。ホエールキャプチャも切る。血統も合ってないし、大目標は前走の秋華賞だったはずで、ここでお釣りがあると思えず。レーヴディソールも切り。長期休み明けで2200m、さらに「常識的に厳しい」と陣営が言ってるんだったら信じましょw

【買い目】
馬連
1-14 800円 1-11 200円(1000円)
ワイド
1-14 2500円 1-11 500円(3000円)
3連複
1-11-14 400円(400円)
1-14-4.10.16.18 300円(1200円)
1-11-4.10.16.18 100円(400円)

合計 6000円

<あしたのねらい目>
東京11R 武蔵野S

◎ヒラボクワイルド

このレースは距離短縮馬が穴を開けるパターン多し。この馬は左回りコース得意だし、鞍上松岡は東京で信頼できるジョッキー。人気は全くないが狙い目。

【買い目】
馬連
4-12 500円
ワイド
4-12 1500円

合計 2000円
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する