このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごぶさたしております大生です。しっかしブログ更新できんなー。週1回は何とか更新しようと思ってますが、仕事もそれなりに忙しい。しかもこれだけ暑いと「帰って風呂⇒クーラーの効いた部屋で冷っこいルービー⇒疲れで寝落ち」のコンボが毎日のように炸裂。そんな今日は休肝日。まだ眠くない♪

そんな今日はプロ野球の前半戦が終了したということで、前半戦の総括をしてみましょう。例によってセ・リーグだけですけど。

【2011年予想】
1位 ヤクルト
2位 中日
3位 阪神
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

【2011年前半戦結果】※カッコ内はゲーム差
1位 ヤクルト
2位 中日(8.0)
2位 阪神(0.0)
4位 巨人(2.0)
5位 広島(0.0)
6位 横浜(6.5)



4位・5位だけが違うが、ゲーム差0ですからね。ほぼ完璧でしょ。



どうだまいったか!



誰に言ってるのかは知らんが吠えてみたw ではチーム別に振り返ってみましょう。

1位 ヤクルト(打率2位、防御率4位、得点2位、失点4位、得失点差2位)
チーム成績見てもわかるけど、何せバランスが良い。打線は切れ目ないし、中継ぎ豊富でゲームが壊れないし。でもこれだけバランスがいいってのは、やっぱり首脳陣が優秀なのかな。攻撃では打つ手をキッチリ打ってくるし、継投だって中継ぎを酷使するような使い方はしない。当たり前のことを、当たり前にやってくるチーム。

2位 中日(打率5位、防御率2位、得点4位、失点3位、得失点差3位)
とにかく打てないですな。でも若手を使いながら2位通過なら御の字ではないかと。ただ去年より気になる点がひとつ。接戦を岩瀬で落としすぎ岩瀬はあれだね、球威とかいう以前に球が高い。どこか足でも故障してるんじゃないのか、ってくらい球が浮いてるもの。生命線のコントロールがあれじゃ、今年は厳しいか。ただコントロールってのは年齢行っても何とかなるし(山本昌が良い例)まだ終わる選手ではないと思ってますけどね。

2位 阪神(打率3位、防御率1位、得点3位、失点1位、得失点差1位)
成績だけ見たらブッチ切りの1位でおかしくない。なのに8ゲーム離された2位タイって、どんだけ野球がヘタなんだと。ここはとにかく真弓の采配がオカシイのが全て。金本、久保田、小林宏でどれだけ試合壊してるんだ。あと榎田の酷使っぷりもひどい。あの使い方って、ゼッタイ後半戦に響いてくると思うんだけど。1人壊れたら一気に沈みそうなチームだけに、安定感を感じないなぁ。

最近ブログ書くネタに困ってるので、意味もなく(2)に続くw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。