このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月11日~12日にて恒例のセレクトセールが開催された模様。毎年、落札情報を楽しみに見てるんですが…今年の1億円超えはこんな感じ。

【当歳馬セール】
父ネオユニヴァース×母ウインドインハーヘア(牡)25,000 グローブエクワインマネージメント(有)
父ディープインパクト×母マジックストーム(牡)13,000 里見 治
父ダイワメジャー×母カチバ(牡)10,000 島川 隆哉

【1歳馬セール】
父ディープインパクト×母エアグルーヴ(牝)36,000 グローブエクワインマネージメント(有)
父キングカメハメハ×母マイケイティーズ(牡)26,000 島川 隆哉



1億円超えはたったの5頭。しかも本来は高額馬が多く出やすい当歳馬セールで、1億円超えが3頭だけ。ちょっと寂しい気もしますな。でもリーマンショックの後で日本の企業家が10,000万円出せるだけでもすごいのかな。本来ならこういう場にいてもおかしくないような、若いベンチャー社長みたいのが全然いないしね。意味なくホリエモンを捕まえたもんだから、日本の若い実業家が少なくなってしまったのかもね(ホリエモンに関する私のスタンスはコチラをご覧ください)。

この状況下にありながら、里見治、山本英俊、島川隆哉の「新・御三家」は相変わらず素晴らしい。馬を見る目がないのに大金ブッコんでくれるって、生産者からすればオイシすぎるでしょw 競馬ファンの視点から見ても、あーゆーキ○ガイ道楽オヤジがいてこそ面白い。しかも大金で買った馬がしっかり走ると「やっぱりカネか」みたいなシラケムードになるところが、この人たちの馬は全く走らないところが素晴らしいw 種銭が尽きるまで、大いに競馬界に貢献してもらいたいもんです。しっかし、エアグルーヴウインドインハーヘアに大金ツッコむのはまだわかるけど、トーセンのオヤジは何故マイケイティーズという一発屋(プレイも含めりゃ二発屋だけど)に26,000万円もツッコめるのか全くの謎。トーセンオヤジの面目躍如ですなw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リイチとフサローが頑張ってくれませんからね。まあ、金子氏の当たりを引くのも至難の業ですが。
2011/07/12(火) 20:42 | URL | まっしー #-[ 編集]
>まっしーさん、コメント遅れてすみません。
リイチはともかく、フサローはそろそろ天に召されるような気もしますな。あの「出たがり」の人が、全然噂にも聞かないもの。

金子氏は…ほんとわからん。アパパネが牝馬3冠って。血統だけ見たらただの短距離馬っぽいのに…ねぇ。
2011/07/21(木) 23:30 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。