このブログは何年続くのかな…
阪神11R 宝塚記念
このレースは有馬記念と連動しやすい。どちらもラスト5Fの体力勝負になりやすく、ラップ構成が似通ってくるからだろう。まずグランプリレースで好走実績のある馬はマークが必要。またラスト5Fの競馬で実績がある馬も要注意。直近では天皇賞(春)、阪神大賞典、阪神-ハンブルクCの好走馬が買いだろう。

体力勝負ということは、血統もスタミナ血統が必須となる。特にニジンスキー系、トニービン系、リボー系には注意が必要。逆に、ダート血統・短距離血統の馬は厳しい。

以上を踏まえて、はい結論。

◎ナムラクレセント
○ドリームジャーニー
▲ビートブラック
△ブエナビスタ、エイシンフラッシュ

◎ナムラクレセント。厳しい競馬となった阪神大賞典、天皇賞(春)で連続好走。特に天皇賞、差し有利の展開で、先行して粘りきったのは価値が高い。今回の距離も守備範囲だし、1枠1番で先行しやすいし、降雨の影響で先行馬に有利な流れになるのもプラス。今度こそ、G1勝ちを。○ドリームジャーニー。脚下の影響からずっと坂路に入れていたが、今回はCWに入れての渾身仕上げ。有馬記念であれだけ強い競馬をした馬だし、コース適正は高いはず。さらに血統も母父メジロマックイーンだし、雨馬場になればより一層プラスと見る。▲ビートブラック。大阪-ハンブルクC9はラスト5Fの競馬で勝ちきっており、ロングスパート勝負は向いている。距離もベストだし、雨馬場だって得意。一発あるならこれか。△ブエナビスタ。実績は認めるとしても、+12kgはどうなの。それでも抑えざるを得ないのだが。△エイシンフラッシュ。ラスト5Fの競馬に実績がないのだが、雨馬場は問題ないし、勝負度合いも高い。

ルーラーシップは切る。まずラスト5F競馬での実績がない(経験は有馬記念のみ、しかも6着)。さらに良化途上の前走であんな激走をしたら、ダメージが残るに決まってる。今回がドスローの上がり勝負になればいいが、例年通りの体力勝負になった場合、この馬にこなせる体力は残っていないと見る。トゥザグローリーも切る。池江厩舎5頭出しの中、本来であればこの馬が筆頭格になるべき。しかし陣営は「筆頭格はドリームジャーニーだ」と言わんばかりのコメントの上、この馬に関しては「夏負けが…」とか言っている。ただのOP特別ならともかく、G1で買う気はしない。

馬券は◎-○▲の馬連ワイドが本線。3連複は◎-○▲-○▲△で絞って買う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんだ、全然雨降ってないじゃん。

▲ビートブラックを△に、△ブエナビスタを▲に変えて購入。
2011/06/26(日) 15:30 | URL | 大生 #-[ 編集]
9Rの時点であんだけ土砂降りだったのに、なんで馬場入りの時にはピーカンに戻ってんの?完全に雨予想にしちゃったよ…
2011/06/26(日) 15:45 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する