このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土日でなんか書くと言っておきながら、POGの勉強してたら日付超えてました。そんな今日は新種牡馬分析でひとつ。

ダイワメジャー
daiwamejor.jpg

SS×ノーザンテースト配合の馬は他にデュランダル、アドマイヤマックス等がいる。当然、これらの種牡馬とは3/4同血となるので、同じような産駒が多くなるかと思いかもしれないが、私はそうは思わない。なぜなら、残り1/4の血が大きく違っているからだ。デュランダル・アドマイヤマックスはHyperionの影響が強く、全体としてヨーロッパ系スタミナ配合となっている。これに対し、ダイワメジャーは残り1/4の血がアメリカ血統であり、全体としては米欧混血となっている

では米欧混血となるとどうなるか。以下、私の見解を箇条書きにしてみる。

・どうしても血統のバランスが悪くなり、大物が出にくくなる。
・米欧のスタミナ血統が同時に主張するため、スタミナ寄りの産駒が多くなる。
・キレる脚を使えず、ズブい産駒が多くなる=活躍の場がダートになりやすい。



要するにPOG向きじゃないってことですな。ダート路線で大活躍する産駒は出るだろうし、ノーザンテーストの影響から丈夫で長持ちだろうし、一口で買う分にはかなりオススメ出来る種牡馬と言える。ただクラシックは…と言われると、相当配合のレベルが高くないと厳しそうだ。特に「キレる脚が使えない」ってことは、牝馬の期待値はかなり低くなると予想される。

それでもダイワメジャー産駒でクラシックを狙うなら、母はアメリカ系・ヨーロッパ系がハッキリしたタイプがいいだろう。さらにナスルーラの血を持っていないので、これを取り込む形がいい。具体的にはこんな感じ。

【アメリカ血統】
Mr. Prospector系(完全なアメリカ血統×ナスルーラ)
Storm Cat系(完全なアメリカ血統×ナスルーラ)
Nijinsky系(意外と相性よさそう)

【ヨーロッパ血統】
トニービン系(Hyperion×ナスルーラ)
テスコボーイ系(Hyperion×ナスルーラ)
Lyphard系(ノーザンダンサーのクロス×Fair Trial)



母馬がそれぞれの血統で固められていれば、多少期待値は上がるはず。ただし米血・欧血は決して混ぜてはいけない。しつこいようだが、混ぜたらズブズブの馬が出来上がる可能性が高い。最近の種牡馬だとKingmamboSadler's Wellsあたりが米欧混血であり「混ぜるな危険」の対象である。ここは覚えておきたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。