このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダービー総力特集(3)です。今日はローテーション分析ですが、先にG1の2鞍をしっかり見ていきます。

まずは皐月賞。

皐月賞 ラップ分析
年度勝ち馬勝ち時計ラップ1着位置2着位置3着位置
2011年(良)オルフェーヴル2.00.636.4-60.3-60.3-35.312-11-118-8-85-5-5


良馬場発表だったが、降雨の影響でタフな馬場となりタイムが遅い。実質重馬場だったと言えるだろうし、ダービーが重馬場になれば直結する可能性は高い。また、この馬場で5F通過60.3秒はかなり速く、先行して潰れた馬は簡単に見限らない方がいいだろう

オルフェーヴル(1着)、サダムパテック(2着)は共に道中インを通って、共にいい瞬発力を見せている。この2頭はちょっと抜けた存在だろう。最後は直線で前があいたオルフェが先に突き抜けたが、内容的に大きな差はない。

他に注目すべきはナカヤマナイト(5着)。直線で外をブン回しているが、上手く内でガマン出来ていたら3着はあった。またベルシャザール(11着)も注目。先行馬総崩れのペースになったが、この馬は11番枠から出遅れ気味に出して、ムリヤリ前に取り付いている。先行馬有利のレース展開になれば巻き返しがある。逆にデボネア(4着)、ロッカヴェラーノ(6着)は全くロスのない競馬であり、競馬が終わった後に突っ込んできている。着順にあまり価値がないと言えよう。

余談だが。フジテレビの皐月賞映像を見ると、青島アナが「1000m通過63秒台!」とか言ってる。これ聞いて「先行して垂れた馬は弱いんじゃん」と思ってたんだが…実際のラップは5F通過は60.3秒と、雨上がりにしてはかなり速い。あぶねぇ、騙されるところだったw

続いてNHKマイルC。

NHKマイルC ラップ分析
年度勝ち馬勝ち時計ラップ1着位置2着位置3着位置
2011年(良)グランプリボス1.32.233.9-57.6-34.66-518-169-9
2010年(良)ダノンシャンティ1.31.433.4-56.3-35.116-167-57-8
2009年(良)ジョーカプチーノ1.32.434.3-57.2-35.22-24-43-3
2008年(稍)ディープスカイ1.34.234.6-59.2-35.016-1112-518-16
2007年(稍)ピンクカメオ1.34.334.2-58.5-35.813-144-313-14
2006年(良)ロジック1.33.234.2-57.5-35.711-103-49-8
2005年(良)ラインクラフト1.33.635.5-59.4-34.24-46-47-7
2004年(良)キングカメハメハ1.32.533.9-57.8-34.79-99-93-3
2003年(良)ウインクリューガー1.34.234.1-57.8-36.42-210-108-9
2002年(良)テレグノシス1.33.134.0-57.3-35.813-1418-1613-12


走破時計・ラップから見て、2011年は標準レベルより少し上くらいか。また今年はテン3F-5F【33.9-57.6】、ラスト5F-3F【58.3-34.6】。このラップ内容を簡単に書くと「中盤が一気に緩んだラップ」であるといえる。速いペースに見えて、先行馬が残ったのはこれが原因なのだ。逆にいえば、差し馬にはかなり厳しいレースになったと言える。

そしてもう1点。NHKマイルC組がダービーで好走するためには、ある条件がある。この3鞍を見て頂きたい。

NHKマイルC ラップ詳細分析(2000mとなった2003年から)
年度勝ち馬勝ち時計ラップ詳細
2011年(良)グランプリボス1.32.211.9-10.7-11.3-11.8-11.9-11.3-11.4-11.9
2008年(稍)ディープスカイ1.34.212.2-11.0-11.4-12.1-12.5-11.7-11.2-12.1
2004年(良)キングカメハメハ1.32.512.1-10.7-11.1-11.7-12.2-11.6-11.7-11.4


NHKマイル⇒ダービーでの連チャンは過去2回あるが、いずれも「中盤が一気に緩んだラップ」だったのである。中盤が緩むと、緩急を付けて走るために中距離向きのラップとなるため、直結したのだろう。そして2011年もこの「中盤が一気に緩んだラップ」。今年のダービーは1着馬こそ不出走だが、2着馬は出走。注意が必要となる。

コティリオン(2着)はこの競馬で上がり最速、よく差してきている。ただ極端な競馬(離れた最後方から追い込み)で結果を残しただけに、同じ競馬でどこまで食い込めるか。展開が向くかがカギ。エーシンジャッカル(14着)は見どころなく、さすがに厳しい。

ここでいったんまとめ。

・皐月賞は直結する可能性が高い。特にオルフェーヴル、サダムパテックの上位2頭は強い。
・皐月賞組の中ではナカヤマナイト、ベルシャザールに穴馬の可能性がある。
・NHKマイルCは直結するラップ構成。コティリオンは展開次第で浮上も。


(4)に続きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。