このブログは何年続くのかな…
今回の総力特集、ステップレースが多くて大変だった…。過去のラップ分析と血統分析だけなら簡単なんだけど、それじゃ総力特集にならん(自分のためにもならん)。そんなこんなでようやく分析が出揃ったので予想に入ります。

京都11R 天皇賞(春)

◎ナムラクレセント
○マイネルキッツ
▲トゥザグローリー
△ローズキングダム、ゲシュタルト、ジャミール

◎ナムラクレセント。好内容だった阪神大賞典を完勝しているのがいい。血統もSS系×ヨーロッパ血統であり、Hyperionの影響こそ多少弱いが、天皇賞に向いた血統といえる。さらに内枠先行馬だし、鞍上・和田は先行馬に乗せたらかなりしぶとい。中距離のキレ勝負ではキツイが、長距離ならこの馬だ。○マイネルキッツ。天皇賞(春)はリピーターレースでもあるので、2年連続好走しているこの馬はマーク必須。その上で前走・日経賞を振り返ると、不得手の瞬発力勝負ながら4着と健闘。能力落ちはないと判断出来るし、今年も好勝負は可能。▲トゥザグローリー。3200mこなせる血統背景もあるし、能力的に最上位なのは疑いようがない。1番人気ではあるが、意外なくらい被ってない(現在3.4倍)ので、マークもそれほどキツくないかも。

△ローズキングダム。能力はあるし、血統も合っている。ただ後傾ラップしか実績がなく、テンが速くなった時に少し不安が残る。△ゲシュタルト。血統はピッタリだし、阪神大賞典の内容も良かった。ただし天皇賞(春)は能力通りに決まることも多いので、過度の期待は禁物。△くらいがちょうどいい。△ジャミール。血統はドンピシャで、18頭中ナンバーワンと言っていい。前走は最後方から死んだふり、という消極的な内容だったが、外国人ジョッキー変わりで積極策に出れば変わり身があっていい。

ヒルノダムールは切る。好時計の産経大阪杯勝ちが評価されているが、位置取り・仕掛けいずれも絶好だったし、いかにも中距離といったラップだった。距離が伸びてパフォーマンスが上がるタイプではない。エイシンフラッシュも切る。血統が合ってないし、ヨーロッパの重厚な血統だけに高速決着が合わないとみる。ペルーサも切る。血統があまり合ってないし(アメリカ血統のため)、そもそも藤沢和厩舎の馬は「本質的にマイラー」なんだから、長距離で買う気がしない。

馬連で◎-○▲が本線。○-▲のタテ目も抑える。3連複は◎○▲-◎○▲-◎○▲△で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ナムラクレセントは被りました:->
対抗にはエイシンフラッシュ、コスモメドウでいってみます
2011/05/01(日) 15:09 | URL | まっしー #-[ 編集]
>まっしーさん、毎度どもです。
ナムラクレセントは、直線先頭に立った時に「もらった!」と思ったんですが…あの乱ペースで、先頭集団には予想以上に負荷がかかってたんですかね。それでも3着に粘ったあたり、本命にして間違いはなかったと思ってます。
2011/05/04(水) 22:09 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する