このブログは何年続くのかな…
やっと土曜日。でも来週もフルタイム+残業で目いっぱい働かされる予定。はぁ~…。そんな今日は天皇賞(春)総力特集は後に回して、土曜日のG2を予想。

東京11R 青葉賞
東京・良馬場・中距離戦で最も向く血統は、一にニジンスキー系、二にヌレイエフ系だと個人的に思っている。実際に、今日の5R(芝2000m)はスペシャルウィーク産駒、9R(芝2400m)はダンスインザダーク産駒と、ともに母父ニジンスキー系の種牡馬が勝ちきっている。この青葉賞でも、ニジンスキー系を軸に、ヌレイエフ系をヒモにして組み立ててみたい。

もう1点。このレースは逃げ馬らしい逃げ馬がいない。ならば内枠先行馬は積極的に狙ってみたい

以上を踏まえて、はい結論。

◎トーセンレーヴ
○ビービーアックス
▲プリンスヴィル
△ショウナンパルフェ

◎トーセンレーヴ。1人気だが、父SS系×母父ニジンスキー系で血統はピッタリ。ちょっと逆らいづらい。○ビービーアックス。芝で全くいいところがないが、父アドマイヤジャパンは◎の異父兄で血統はピッタリ。内枠先行馬でもあるので狙ってみる。▲プリンスヴィル。父キングカメハメハはヌレイエフ系を持っており、東京中距離は向いている。内枠の逃げ馬なので、目をつぶって買う。

◎-○▲△の馬連ワイドで軽く。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する