このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は会計士のお相手をするってんで、残業で帰りが遅くなるかと思ってたんですが…会計士の方から「昨日徹夜だったんです…」という自己申告。ここがチャンスとばかり「じゃあ今日はムリせず帰ってくださいよ!どうぞどうぞ!」とゴリゴリに押して会計士を早々に帰宅させ、私も早期撤退に成功。策士と呼んでくれw

そんな今日は天皇賞(春)総力特集(1)です。皐月賞は恥ずかしい予想をしてしまったので、今回はちゃんと分析して、的中につなげたいですな。まず過去のラップ分析から。

天皇賞(春) ラップ分析
年度勝ち馬勝ち時計ラップ1着位置2着位置2着位置
2010年(良)ジャガーメイル3.15.737.2-60.7-58.5-34.29-8-7-52-2-2-16-6-3-2
2009年(良)マイネルキッツ3.14.436.4-60.2-59.0-35.110-10-4-48-6-7-412-12-11-7
2008年(良)アドマイヤジュピタ3.15.136.8-61.1-59.4-35.311-11-10-59-9-6-33-4-2-2
2007年(良)メイショウサムソン3.14.136.9-60.3-59.1-34.88-9-6-27-7-6-46-6-6-10
2006年(良)ディープインパクト3.13.436.2-60.3-57.5-33.514-14-4-15-5-4-214-15-10-5
2005年(良)スズカマンボ3.16.537.7-62.8-59.3-34.910-11-10-82-2-2-110-10-9-6
2004年(良)イングランディーレ3.18.437.2-61.9-60.7-36.11-1-1-15-5-4-43-3-2-2
2003年(良)ヒシミラクル3.17.037.1-61.4-60.3-36.111-11-9-714-14-13-1211-11-12-8
2002年(良)マンハッタンカフェ3.19.539.6-65.7-57.4-34.35-5-5-57-7-7-75-5-5-4
2001年(良)テイエムオペラオー3.16.235.2-58.3-60.8-35.97-7-6-48-8-8-65-5-4-2

ここ4年のラップは似通っており、ラップ平均は【36.8-60.6-59.0-34.8】となっている。長距離戦にしては前半5F・ラスト5Fが速く、そのため走破時計も速めに出る傾向にある。このことから、高速決着に強い馬、上がり5Fの競馬に強い馬はマークが必要と言える。またもう1つ特徴を挙げるとすれば、天皇賞(春)ではマクリ戦法が非常に有効。長距離でマクった経験のある馬(負けていても良し)は特に注目と言える。去年のメイショウドンタク(16人気3着)なんかがこれに当てはまる。だからと言って「私なら買えた」とは言いませんが。むしろ今でも「幸四郎の野郎!」と思ってしまうw

以上をまとめます。

・長距離戦にしては高速決着になりがち。
・上がりも速いため、上がり5Fの競馬に強い馬には要注意。
・マクリ戦法が有効。マクった経験のある馬、マクる可能性のある馬には注目。


(2)に続きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。