このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
季節外れのインフルエンザ禍からようやく復活しました。先週の火曜日から体調悪かったから、まるまる1週間つぶれてしまった。インフルエンザってしつっこいのー。

そんな今日は、毎年恒例のプロ野球順位予想をやっておきます。まずは去年の予想のおさらいから。

【2010年予想】
1位 巨人
2位 中日
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 横浜
6位 阪神

今年の場合、去年と大幅に変わるチームはないと思う。ということは1位巨人・2位中日はほぼ確定。3位争いは面白くなるだろうが、選手層が比較的厚いヤクルト・広島の争いになると見る。今年ヤバイのはとにかく阪神。マジック144が早い段階で消えてしまうとセ・リーグも面白くなくなっちゃう。オールスターまではかき回して欲しいですな。あと前田がんばれ。超がんばれ。



【2010年結果】
1位 中日
2位 阪神
3位 巨人
4位 ヤクルト
5位 広島
6位 横浜

中日が差しきって優勝。でも序盤戦見てたら誰だって巨人がブッチぎると思うよなー。「投手層が薄い」は書いたけど「層が薄い上に体力不足」までは読めてなかった。あと阪神はなんだかんだで上位に来るねー。スタメン高齢化から、一度は下位に沈むと睨んでるんですが…

では今年の予想を。今年はチームごとには書かず、いくつか大きなポイントを押さえてから、順位予想をしていきます。

・低反発球の影響
巷では単純に「投手有利」と言われているが、私はちょっと違うと思う。というのも、長距離打者には不利に働くが、短~中距離打者はそれほど影響がないのだから、長距離打者が多いチーム(巨人、阪神、横浜)にマイナスであると考える。投手への影響は全チームが恩恵を受けるため、そこまで考えなくても良さそう。

・多くなるロースコアゲーム
低反発球の導入によって、去年よりもロースコアゲームが多くなるはずである。となると、一番重要なのは中継ぎ投手のコマ数とみる。コマが少ないチーム(巨人、横浜)は接戦になるとちょっと厳しくなりそう。

・1点を取る野球
接戦になるということは「1点を取る」ことの巧拙が重要となる。この「1点」を一発に頼らずに取れるチームは強い。具体的には、ヤクルトに非常に強い追い風が吹くと考える。接戦での経験豊富な中日、機動力が使える広島も「1点を取る」という野球には抵抗がないはず。

以上より、今年の順位予想はコチラ。

【2011年予想】
1位 ヤクルト
2位 中日
3位 阪神
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

1点を与えず、1点を取れるチームが今年は強いはず。ということで、今年の優勝予想はヤクルト。低反発球の導入で、最も恩恵を受けそうなのはこのチームだからだ。「大人のチーム」中日も強いが、ヤクルトへの苦手意識がそう簡単に消えるかどうか。先発投手が揃った阪神も当然Aクラス候補。この3チームが今年の軸になると予想。

逆に、今年低迷が予想されるのは巨人。中継ぎが整備されず、一発に頼った攻撃からも脱却できていなければ、終盤の接戦に弱いはず。広島は中継ぎは揃っているし、機動力を使えるので、今年は面白いシーズンになりそう。福井・今村・新外国人あたりが覚醒すれば、Aクラスだって夢じゃない。横浜は投手層が薄すぎるのがね…フロントがやる気ないし、今年も厳しい。

あと前田智がんばれ、超がんばれ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
インフルからの復活おめでとうございます。

中日-横浜戦を録画したやつをさっき見てたんですが、今年の横浜は明るい!ピッチャーがバント決めた時の尾花のガッツポーズが凄かったです。今年の場合は世間情勢的にも、どのチームも感情を出していくシーンが多くなるとは思うのですが、無形の力の脅威を感じました。
精神論はあまり好きではないですが、今年に限っては心を鼓舞して客を巻き込むような野球が頂点に立つような気がしてしまいました。落合野球とは対極の・・

でも、佐伯の加入はかなりデカそうです。小田は監督がいるとおとなしくしてますが、佐伯は監督が横にいようが超明るく一人でベンチを盛り上げていました。勝手に代打だと思って出てったところはめちゃめちゃ面白かった(見ました?)。すでにムードメーカーになってます。
2011/04/13(水) 00:11 | URL | Jr. #ZAnAl1/o[ 編集]
>jr.さん、どうもごぶさたしております。
横浜vs中日の開幕戦ですが、平日にも拘らず、私は最初から最後まで全部見ました。だってインフル保菌中で休んでたんだもの…災い転じてどうのこうの、ってやつですな。

横浜に関しては、打線は元々いいし、去年あれだけあった借金がゼロになったんだから、開幕戦はテンション高く盛り上がれるでしょうな。ただ…問題は尾花のマシンガン継投にある。勝ちゲームも負けゲームもなく、使い勝手のいい投手(加賀・江尻・佐藤あたり)を酷使しまくり。あんな投手起用してるようじゃ絶対ジリ貧になるし、今年も「春の珍事」止まりだと思いますけどねー。心を鼓舞してっていうなら、今年は楽天だと思いますよ。仙台だし、仙ちゃんはそういうの大得意だし…

あと佐伯の勝負強さ・ムードメーカーっぷりは私も好きです。横浜をクビになった時に「取ってくれないかな~」と思いましたし。今年は福田も調子よさそうで、代打陣にも少しは楽しみがありそうです。
2011/04/15(金) 23:55 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。