このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は久しぶりにニュースの話で。といってもちょっと乗り遅れ気味だけど。

・八百長問題 本場所の無期限中止も 春と年内巡業中止決定

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110206-00000033-maip-soci

大相撲の八百長問題で、日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、大阪府立体育会館で3月13日から開催予定だった春場所の中止を決めた


今回の八百長発覚で、個人的には「それがどうした」的な感想しか持たなかったんだけど。なんでここまで大事になってんの?だいたい、八百長がそんなに悪いのか。今回の八百長で得してるのは本人達だけで、他人に迷惑かけてないわけですよ。もちろん、法律に引っ掛かるわけでもない。「裏切られた」とか言ってるコメンテーターもいたが、アンタの何を裏切ったのか聞いてみたいですな。

だいたい。相撲ファンは面白い取組が見られる「ショー的要素」や、千秋楽に向けてヒートアップしてくる優勝争いという「ドラマ的要素」を楽しみにしてるんですよ。別にガチだろうがブックだろうが、面白けりゃ大喜びでしょうが。ウチのカーチャンだって、7勝7敗で千秋楽を迎えた大関が勝つっていう、限りなく八百長くさい一番見て大騒ぎしてるっつーのw 相撲見てる人って、こんな人が大多数なんじゃないの?それを今さら「八百長やってました」って言われても「あっそう」としか思わん。とってもマジメそうな放駒のオッサンが悲痛な感じで喋ってたけど、あの人が思ってるほど真剣に考えてる相撲ファンなんて多分ほとんどいないよ、悪いけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
八百長の問題点。
現金の受け渡しを収支として申告していない場合、国税局より重加算税を含めた修正申告を指摘される恐れあり。
発覚防止の工作など悪質な場合は脱税容疑での立件も。

一般的な認識はともかく、エンターテイメントではなく、相撲協会が国技として格闘技としての看板を掲げている以上、格闘家、あるいはスポーツ選手としての、矜持、倫理感的には?
相撲道を研究とは八百長なのかと言うことで、看板に偽りあり?

公益法人として税制上の優遇を得ている団体に、倫理的に問題があるような行為が蔓延しているとしたなら、公益法人として認可が正しいのかどうか。

こんなところですかね。
大相撲の八百長は、兼ねてから言われていたことで、今回たまたま証拠が出てきただけで今更感はありますが。
正直野球賭博問題の方が重大だったでしょう。
個人的には、名前の挙がった14人全員2~3場所の出場停止、あるいはそれに相当する減給処分。
担当疑惑の力士の所属する親方と協会役員は監督責任として減給処分。
不祥事の絶えない協会に対しては、合わせ技一本と言うことで、公益法人の取り消し辺りが妥当かと思いますが。

今回の問題、一番の問題点は相撲境界の体質でしょう。
疑惑の14人にケータイの提出を求めた際、海に投げ捨てないようにとか、わざわざ具体例を挙げて、暗にケータイを破棄せよと言っているようなものだったが、案の定というか、嫁に踏まれて壊れたなどという斜め上をゆく言い訳で拒否者が出る状態。

理事長だっけ?
八百長は1~2場所のみで、関与が疑われるのは14人だけとか言っていたが、八百長が表だってできない行為なのに、短期間で14人もが関与した矛盾は感じんのか?
こういう暗部の繋がりは、慎重に相手を選ぶものだと思うが。

元貴闘力でさえ調査終了後に、それも解雇止まりだったのに、関与を認めた3人には、調査が途中の最中、速攻で過去例がない除名処分決定。
認めたら退職金さえ出ない除名処分が明確となれば、口を噤む者ばかりで調査が進むわけがない。
対外的には早期の処分は、今までとは違うというアピールに見えるが、内部に向けてはむしろ余計なことを喋れば除名するという無言の圧力だろ。

4人をスケープゴートに仕立て、残りは調査不能としてうやむやにする筋書きにしか見えんな。
野球賭博の時と同じ。
今の協会は、公益法人の認可取り消しを恐れて、保身と利権のために隠蔽に必死なだけじゃないの?
なんも変わってないように見える。
2011/02/08(火) 22:41 | URL | コウ #-[ 編集]
コウさん、毎度どもです。いろいろと書いて頂いたんで、かいつまんでお返事を。

>相撲道を研究とは八百長なのかと言うことで、看板に偽りあり?

ここは難しいところですが…私が思うに「鍛えた肉体でいい勝負を見せる」ことが主目的であり、研究対象であるんじゃないかと。考え方はプロレスと一緒ですな。観客を呼んでカネ取ってる以上、見に来てくれたお客さんに満足してもらうのが一番だし、そのためには打ち合わせも辞さない、というのは理解できる。ガチでやってりゃ客が来るんだったら苦労はしない。

>正直野球賭博問題の方が重大だったでしょう。

その通り。あれは賭博であり、法律に引っ掛かることを組織ぐるみでやってたし。

>公益法人の取り消し

正直、相撲が公益法人である必要はないと思います。ただ、現状は公益法人として存続してる現実があるわけで、いきなり取り消しっていうのは難しいかも。力士の生活もあるし。

今回の件をプロレスと重ねた人は多いんじゃないかな。プロレスもガチじゃない格闘技ですが「八百長」とは言わない。これをどう取るかによって、感想は変わってくると思います。まとまりないですが、私の意見はこんな感じ。
2011/02/12(土) 15:51 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。