このブログは何年続くのかな…
すんげ~寝た。

京都11R きさらぎ賞
京都芝コースはSS系を買っとけばいいのだが、このレースはそれだけでは絞りきれない。結論から言うと、洋芝で力が要る馬場なんだから、SS系×欧州ND血統orグレイソヴリン系がいい。Sadler's Well's、Lyphard、ノーザンテーストなんかが向いている。以上を踏まえ、はい結論。

◎トーセンラー
○コティリオン
▲オルフェーブル
△4.12

◎トーセンラー。Lyphardの血が強く出た血統だが、Lyphardといえば1800mベストの馬が多い。今回は2000m⇒1800mに距離短縮されて絶好のローテーション。しかも藤原英厩舎は京都に強く、クラシックに出すためにも渾身の仕上げで臨んでいるだろう。ここは落とせない一戦。○コティリオン、▲オルフェーブルは血統もいいし、当然圏内。

逆に人気どころで評価を落としたいのはウインバリアシオン。2つの勝ち鞍は共に野芝の上がり勝負であり、今回のようなタフな馬場には直結しない。血統も微妙で、母父Storm Birdは現在の京都に合ってない。

人気どころが切れないので、基本的には見るレース。だが◎が人気の盲点になってるので、3連単で◎-○▲-○▲△、○▲-◎-○▲△(12点)を少しだけ。

東京11R 東京新聞杯
逃げ馬はいるが、そんなに速く流れないはず。まずは先行できて上がり脚を使える馬に注意。また多頭数がダンゴで流れるようになれば、内枠でキレる脚を使える馬(SS系ベター)に有利になるはず。はい結論。

◎カウアイレーン
○ゴールスキー
▲ダノンヨーヨー
△3.8.12.15

◎カウアイレーン。スローになった場合、この馬が最も良いポジションに付けられそう。しかも上がりの脚を持っているため、なかなか止まらないのでは。○ゴールスキー、▲ダノンヨーヨーは内枠SS馬。ダンゴになった場合に乗り難しいので◎にはしなかったが、能力はこの2頭が抜けている。△キングストリートは内枠でキレを持つ馬。

馬連で◎-○▲、3連複で◎-○▲-○▲△(10点)で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する