このブログは何年続くのかな…
昨日の中日vs巨人見てましたけど、山本昌すごいなー。45歳で完封ってのも十分スゴイけど、相手が巨人ってのがさらに価値が高い。一方、巨人は完全に息切れかな。あれだけ投手がいないと試合にならんでしょ。

さあ競馬予想。今日は芝1500mと2歳重賞を予想してみます。

札幌1R 2歳未勝利戦
2歳未勝利戦ということで、枠順以外に能力分析も必要なレース。そこで各馬を見ていくと…まずアドマイヤセプターが勝った新馬戦(芝1500m)の2・3着馬が人気を背負っているが、このレースは勝ち馬以外が全くダメダメな内容。この2頭の評価は下げていい。逆に芝1800mを使ってきた馬はスタミナに不安がなく、先行する可能性もそれなりに高いとみる。中心は芝1800m組にしたい。はい結論。

◎4.サダムグランジュデ
○2.ローラドヴァランス
▲5.アンリミテッドピサ
△1.3.6.10

◎4.サダムグランジュデ。前走は出遅れて終了だったが、前評判は高かった馬。先行すればアッサリまであると見る。なぜ6番人気?○2.ローラドヴァランス。前走で先行してるし、ここで作戦を変えてくる可能性は低い。枠順の利を活かせれば。▲5.アンリミテッドピサ。調教だけ見れば勝負になりそう。距離延長だし、人気も背負ってるが買っておいた方がよさげ。

◎を1・2着固定にした3連単で。

新潟11R 新潟2歳S
新馬戦組が多く、難解なレース。一般的には「高速上がりを使える馬が有利」と言われているが、どの馬が高速上がりを使えるのか、の判断がこれまた難解。ただ私の経験上、高速上がりを使える馬というのはある条件を満たしていることが多い。ある条件とは、

前走で上がり最速、もしくは上がり2位の脚を使っている。

実は「高速上がりを使える馬」が有利なのではなく「他馬より速い上がりを使える馬」が有利と見ている。高速上がりだけに目を奪われないようにしたい。

これを踏まえて、まずは結論から。

◎レッドセインツ(前走上がり33.9秒で1位、次位に0.4秒差)
○キッズニゴウハン(前走上がり33.3秒で1位、次位に0.6秒差)
▲リーサムポイント(前走上がり34.6秒で1位、次位に0.4秒差)
△1.9.13.17

今回はカッコ内のコメントが最大の買い材料なので、それ以外のコメントは短めに。◎レッドセインツ。鞍上・四位は広いコースで追わせてこその騎手だし、条件ドンピシャ。○キッズニゴウハン。厳しい流れになった時が不安だが、能力はありそう。▲リーサムポイント。前走は芝1800mにしては厳しい流れだったが、これを上がり最速で差し切っている。重賞でも怯むまい。安定感ならこの馬か。

上記3頭に対し、ダリア賞組は評価が難しい。前傾ラップとなり、高速上がりが不要となったからだ。よってダリア賞の内容を無視して、新馬戦で判断したい。となると買っていいのは△エーシンブラン(新馬戦上がり1位)と△マイネルラクリマ(新馬戦上がり2位)。マイネルは上がり2位だが、上がり1位の馬が後方待機の馬であり、実質1位と見たい。

その他、新馬戦で上がり最速だった△ホーマンフリップ、△ヴァナディースも押さえる。

人気のクリーンエコロジーは切る。前走は上がり33.3秒を使っているが、実は上がり3位。しかも展開が完全に向いていた。全く買う気がしない。サイレントソニックも切る。掛かる気性は大きなマイナスであり、高速上がりは使えないタイプだろう。

◎○▲の馬連が本線。3連複も少し。

小倉2歳Sはパスで。買うなら西園厩舎の3頭のどれか(モアグレイス、ムジョウ、ラバーフロー)かなぁ?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する