このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はこのニュースで一本。

・すき家、業界最安値250円に 吉野家つぶし“仁義なき牛丼戦争”

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000549-san-bus_all

牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーは5日、全国の繁華街や都市部の店舗百数十店で、牛丼並盛りを通常の280円から250円に値引きするキャンペーンを4月9日~21日まで実施することを明らかにした。松屋フーズも同日、牛めし並を通常の320円から250円に値引きするなどのキャンペーンを12日~23日まで実施すると発表。吉野家が7日~13日まで通常380円を270円に値引きするキャンペーンに対抗するのが狙いとみられ、“仁義なき牛丼戦争”が幕を開けた。


牛丼屋の価格競争を見るとデフレを実感しますな。約10年前のデフレの時と全く同じだし。しかしこの牛丼屋3社って「顧客囲い込み=値下げ」としか考えてないような気がする。確かに、値下げは売上増には一番手っ取り早いんだろうけど、逆に手っ取り早すぎて同業他社がすぐに追従できる欠点がある。だから吉野家・すき家・松屋で差がつかない。しかも3社全部が値下げして「牛丼の価値」そのものを下げてるし、さらに言えば「外食産業の価値」まで下げてる。デフレを長引かせてるのって、この3社のせいじゃないのかとさえ思ってしまう。

それにしても、この3社の中でも特に吉野家のやり方はヘタクソすぎる。普通、後追いする企業って有利なんですよ。相手企業の出方を見てから対策練れる、いわゆる「後出しジャンケン」が出来るし。なのに吉野家は先行他社と同じことやったうえ、対抗2社の追加値下げを喰らってもっとヤバくなってるし。なんで後出しジャンケンで負けてるんだよw そんなセンスのない経営やってりゃ負債も増えるわ。

というわけで、吉野家が対抗2社の値下げに対抗するにはどうすればいいかを勝手に考えてみた。

・肉を増量する
・肉の質を上げる
・食べ放題プランを作る(1回800円とか)
・限定メニューを作る(プレミアム牛丼とか)
・クーポンを作る
・限定の味噌汁を作る


個人的に一番いいと思うのは「肉の質を上げる」または「プレミアム牛丼」。対抗2社がいずれも値下げっていう「量」で来るんだったら、吉野家は「質」に走った方が固定客は付くんじゃないかと。もしくは「限定メニュー」。奇しくも、ファーストフードの大手・マクドナルドが高価な限定メニューで絶好調なんだから、こういうのを見習ったらどうなんだろ。もし松阪牛の牛丼・一杯800円(1日限定50杯)なんてやったら絶対行ってみたくなるけどなぁ。三重県で松阪牛の牛丼食ったときは一杯1200円だったし、吉野家が本気出したら一杯800円くらいには出来るっしょ。どうですか吉野家さん。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
夕飯を食べながら、奥さんと話していたことがそのまま大生いっちょに載ってますな( ̄○ ̄;)

ホント、吉野家はダメだね。高橋由伸の一塁守備くらいセンスがないわ。
2010/04/07(水) 22:54 | URL | まっしー #-[ 編集]
>まっしーさん、毎度どもです。
吉野家は考え方が古いですな。牛丼一本で勝負!ってのはいいと思うんですけど「方針を変えない」ってのと「企業努力をしない」ってのは全く別物であり。

やっぱりこういう企業はトップが堅物なんだろうな、と勝手な想像をしてしまいますね。
2010/04/10(土) 15:07 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。