このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は何にも書くことがなくて困った。こんなときはPOG的厩舎分析で行こう。今回はアーリントンカップを勝った、関西の中堅厩舎でひとつ。


第7回 西園正都厩舎


【血統的分析】
まずは近10年のPOG期間内活躍馬を。

<活躍馬>
マイネルレーニア(牡、グラスワンダー×サクラユタカオー)
エーシンフォワード(牡、Forest Wildcat×Cure the Blues)
エイシンタイガー(牡、コロナドズクエスト×サンデーサイレンス)
イコピコ(牡、マンハッタンカフェ×ジェイドロバリー)
コスモセンサー(牡、キングカメハメハ×リヴリア)
ドリームシグナル(牡、アグネスデジタル×サンデーサイレンス)

タムロチェリー(牝、セクレト×サクラユタカオー)


7頭中6頭が1200~1600mでしか走っていない。また京都・新潟・東京で滅法強い。これらの特徴から、この厩舎は軽いスピード馬が最も得意だということがわかる。これを踏まえて血統を見てみると、やはり軽いスピードタイプのミスプロ系・SS系が強い。また平坦短距離に強いテスコボーイ系・Storm Bird系も走っている。この厩舎の場合はとにかくスピード血統を狙うのが基本となる。

逆にスタミナに寄った血統・ダート血統は確率がかなり落ちる。ジャングルポケット・ダンスインザダークなどのスタミナはこの厩舎にはジャマなだけ。クロフネ・ワイルドラッシュ等のダート適性も不要である。

【POGでの狙い方】
この厩舎はとにかく数を使ってくれる。しかも短距離がメインの主戦場となるので、やはり速攻系に期待するのが一番いい。実際、上記7頭中5頭が7月からの使い出しとなっている(エーシンフォワードは10月デビューだが、マル外なので検疫が関係したのかも)。つまり、6月のPOGドラフト時に入厩している馬だけをチェックしておけばいいということだ。

またこの厩舎はデビューする開催によって期待馬がある程度わかるという特徴を持つ。過去10年、6~7月にデビューした馬は35頭いるが、内訳はこうなっている。

函館デビュー…14頭デビュー。2勝馬はなし。
小倉デビュー…13頭デビュー。2勝馬はタムロチェリー。
阪神デビュー…7頭デビュー。2勝馬はドリームシグナル・エイシンタイガー。
京都デビュー…1頭デビュー。この1頭はマイネルレーニア。(※阪神の代替開催)
新潟デビュー…1頭デビュー。この1頭はコスモセンサー。


函館・小倉デビュー馬が約8割を占めるのだが、活躍馬が多いのは阪神・京都デビュー馬の方。実に8頭中7頭が勝ち上がっており、OP馬も3頭出している。またこの厩舎の特徴として、阪神デビュー馬は新潟で続戦させるローテーションが多いので、新潟デビュー馬も阪神デビュー馬と同等の評価と考えていい。「阪神or新潟デビュー」これを確認した時点で指名の価値はあるはずだ。しかもドラフトでは全く人気のない厩舎なので、下位指名で速攻系を取るには絶好の厩舎といえる。

【まとめ】

・軽いスピードタイプを狙いたい。ミスプロ系、SS系、テスコボーイ系などが狙い目。
・スタミナタイプは指名する必要なし。
・6~7月の阪神or新潟デビュー馬を、ドラフト下位で狙え!


すっごいカンタンに活躍馬が掴めそうな気もするが、問題もひとつある。この厩舎って露出少ないから、どの馬が阪神・新潟でデビューするかが分からんのよねw この厩舎の馬を狙うときは情報収集をしっかりやっておきましょう。
【2008年産について】
先に印から。

○ラバーフロー(タニノギムレット×フェザーレイ)
▲モアグレイス(キングカメハメハ×フェイムドグレイス)
△エイシンモンジュー(Montjeu×Santa Catarina)
…ファンドリソフィア(アグネスタキオン×クリアーパス)

粒揃いの印象。今年は下位で指名しておくと楽しい馬が揃っている。

○ラバーフロー。阪神開催を酒井騎手でデビュー、という情報が流れて株価暴落中。しかしこの厩舎は叩いてこそだし、別に阪神開催のうちに勝ち上がらなくても良い(実際、過去の阪神デビュー馬もデビュー戦では負けている)。イメージとしては昔の山内厩舎と思えば良い。だとすれば、叩いて良くなるロベルト系+丈夫な馬体のこの馬こそが、ドラフト下位で取るべき馬ではないか。使ってさえくれればヒマ潰しにはなるw ▲モアグレイスは短距離のスピード馬であり、速攻系としては面白い。叩いてどうか?という点から○を上位に置いただけで、大きな差はない。△エイシンモンジューは短距離を使えばまだ可能性があるが、中距離にこだわると危ない。デビュー戦が芝1800mということもあり、リスクの方が大きい。…ファンドリソフィア。厩舎の期待はこの馬がナンバーワンだが、個人的には「函館入厩」という文字が見えた時点でアウト。この厩舎は短距離をゴリゴリに使い倒してこそであり、中距離を大事に使っても期待値は高くなるどころかマイナスである。

【2008年産について】


ここでひとつお願い。ここを見た方、コメントは要らないので、出来れば下の「拍手」のところをポチッと押してください。どれくらいの人が見てるのか把握しておきたいので、ご協力お願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。