このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都7Rは狙い通りにテンバがカッ飛び。当然馬券の方も、◎1着、△3着4着、×5着6着…2着がいないorz 東京9Rは○1着も、◎がカッ飛び。1点で堅いと思ったんだがなぁ。今日はダメな日か?

東京11R フェブラリーS
東京コース改装後、フェブラリーSは6回行われている。この時の1番人気を並べてみると、外枠を引いた4頭はしっかり1着(アドマイヤドン、メイショウボーラー、カネヒキリ(2006)、ヴァーミリアン)。逆に内枠を引いた2頭は負けており(カネヒキリ(2009)、シーキングザダイヤ)、この時の勝ち馬は外枠を引いている(サクセスブロッケン、サンライズバッカス)。要は外枠の馬しか勝ってないのだ。実績から見ればエスポワールシチーは当然だが、4番枠はこちらが思っている以上に厳しい条件なのだろう。

では外枠の馬なら何を買えばいいのか。選択肢は2つ、芝馬を買うか、ダート馬を買うか。前者ならリーチザクラウン。後者ならグロリアスノア、スーニ。この3頭から軸馬を選びたいところ。あとは個人のセンスのみ(ここが一番自信がないところだがw)。そこで私の結論はこうなった。

◎リーチザクラウン
○グロリアスノア
▲エスポワールシチー
△テスタマッタ、レッドスパーダ、
×サクセスブロッケン、スーニ

◎リーチザクラウン。この馬は未勝利戦を見たときから「ダートに行けばいいのに」としきりに言っていた馬。ただし、いきなりG1だとさすがに厳しい…と週中は思っていた。しかし引いた枠が14番枠であり、ローレルゲレイロのすぐ横。これを超絶好枠と言わずして何という。ダート適性は「ある」という程度だろうが、展開がこれ以上ないほど向くなら買うべき。○グロリアスノア。外枠を引けたし、府中マイルはベスト条件。追い込み脚質なのでアタマまでは厳しいかもしれないが、3連の軸としてはかなり面白い。▲エスポワールシチー。枠がマイナスだが、能力は確実にナンバーワン。

◎から3連単、○から3連複という変則購入で行ってみます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。