このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いっぱい書いてたら遅くなりました。

京都11R 京都記念
有馬記念1・2着馬の一騎打ちムードだけど、そんなに簡単に決まるとは思えん。馬場は先週同様、ヨーロッパ系先行馬を強めに見ておく。

◎ブエナビスタ
○ジャガーメイル
△2.4.6.7.8

◎ブエナビスタ。血統からも明らかに京都向きの馬で、中山⇒京都代わりは明らかにプラス。しかも55kgってズルくないか?文句なしに本命。○ジャガーメイル。ヨーロッパ系先行馬で条件ピッタリ。休養明けにはなるが、賞金的に厳しい状況だし、メイチ勝負といえるだろう。△ドリームジャーニーは中山⇒京都代わりが明らかにマイナス。斤量2kg増もあり、ヘタをしたら3着も危ないんじゃないか?

3連単◎-○-△が大本線。◎-△-○、○-◎-△も押さえておく。

東京11R クイーンカップ
まずステップレースであるフェアリーSについて簡単に。一応ハイペースという扱いだが、逃げ馬だけが速いラップを踏んで、他の馬はミドルペースで走っていたに過ぎない。特にアプリコットフィズは「早めに押し上げて残ったから強い内容」と言われているが、5F59.0程度のミドルペースなら普通は前残りになるわけで。よって「強い」と言えるほどの内容でもない。逆に前残りを許してしまった馬の方が怖い(テイラー、トーセンあたり)。

それと馬場についても少し。降雨の影響もあり、馬場はかなりタフになっていることが予想される。こういう馬場で強いのはSS系ではなく、もっとヨーロッパ寄りの血(グレイソヴリン系とか)。そして厳しいレースでの実績ということになる。はい結論。

◎テイラーバートン
○ブルーミングアレー
▲トーセンフリージア
△アプリコットフィズ、カホマックス、ギンザボナンザ

◎テイラーバートン。前走は大外枠で出負けし、アプリコットに完全にフタをされて、競馬になっていなかった。それでも3着まで持ってきたのは正直驚いた。能力は完全に一枚上だし、血統もバッチリ。○ブルーミングアレー。前走はスローペースを追い込んでハナ差2着。血統的にスローが合うタイプではないし、カホマックスが引っ張る流れは歓迎のクチ。▲トーセンフリージア。血統・ペースの条件はバッチリだが、いかんせん追い込みというのがネックになる。上手く捌ければ。△アプリコットフィズ。今後を見据え、今回は中団からレースを進めるだろう。だが先行馬がしぶとい馬ばかりだし、カホマックス以外のペースがさほど上がらないければ前残りを許す可能性がある。簡単に言えば、フェアリーSと全く同じ現象が起こって今度は負ける側になるのでは△カホマックス。上手くスローに落とせば前走よりは前残りの目があるはず。△ギンザボナンザ。血統は合っているし、能力も足りている。

◎から馬単・3連単で。

東京9R 調布特別
逃げ馬がいません。トニービン系もいません。よって前目につけられるSS系買っておけば多分当たる。はい結論。

◎ヒシセンチュリー
○フェニコーン
△2.6.11.13.14

◎ヒシセンチュリー。前走は着差以上の勝ち方、能力的には問題ない。スローがミエミエのメンバーで内枠を引いたので、かなりの確率で番手につけるはず(逃げ馬がいなきゃ自らハナもあり)。○フェニコーン。SS系×ヌレイエフだけに東京はピッタリのはず。実際に東京成績は(1.0.2.0)だし。前2走で上がり2位・3位を記録しており、上がり勝負にも十分対応できる。

それと△エオリアンハープだが、本来なら「高速上がりを使えるSSの血」であり重い印を打ちたいところ。しかし芝1800m(2.1.1.0)に対して、今回の舞台である芝2000m(0.0.1.3)。しかもスロー(濃厚)での差し馬だけに、条件が好転しているとは言い難い。押さえまで。

3連単で◎○-◎○-△、◎○-△-◎○の予定。ワイドも買いたいが、ここはオッズと相談。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。