このブログは何年続くのかな…
本当ならハンデ戦には手を出したくないんだけど、今日のメインは面白そうなので参戦。

京都11R 日経新春杯
このレースには大逃げ馬・テイエムプリキュアが出走している。弱い馬の大逃げは無視されるのが基本だが、去年2度も大穴を開けたため、今回は他の馬も早めに捕まえに行くだろう。よって前傾ラップになる可能性はかなり高いとみて、前傾ラップ実績を持っている馬から買ってみたい。はい結論。

◎サンライズマックス
○ベストメンバー
△1.3.8.10.12

◎サンライズマックス。ユタカ本命って自分でも珍しい気がするw この馬は重賞を3勝しているが、いずれも平均~前傾ラップでの激走。逆に後傾ラップでは馬券圏内すらナシという、まあわかりやすい馬である。天皇賞(春)にしてもレース上がり35.1で4着激走しており、上がりがかかるレースならG1でも好勝負できる馬。57.5kgでも条件ピッタリで狙いごろ。○ベストメンバー。休み明けなのであまり高い評価はしたくないのだが、◎を逆転するならこれしかない。若葉Sや寒竹賞で好走しているように、前傾ラップでの実績は最上位。

ちなみにトップカミングだが、好走実績は全て後傾ラップ。前傾ラップに耐えられる保証がどこにもなく、飛び頃だと思う。3連単では一応押さえておくけど…

◎アタマの3連単。○-◎-△も押さえで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いやいやいや、ユタカなにやってんの?ガラ空きの最内で詰まってどうすんのよ。もらったと思ったのに…
2010/01/17(日) 15:51 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する