このブログは何年続くのかな…
今週の土日は名古屋に遠征。今回はヨメさんも一緒に連れていって、コウさん、じゃばさんに遊んでもらいます。日曜は中京競馬に参戦しますが予想をアップするヒマはないと思うので、今日・明日で朝日杯FSの予想をアップします。まず今日は2強であるローズキングダム・トーセンファントムに絞って分析してみます。

まずローズキングダム。血統はキングカメハメハ×母父SSで全く問題ない。ただこの馬の場合、中山は合うのか?という疑問が残る。父キングカメハメハ、母ローズバド共に東京で重賞を勝っており、逆に中山での成績はよくなかったし。ということで、キンカメ産駒の中山・東京での成績をちょっと探ってみた。

【キンカメ産駒の中山・東京での成績(芝のみ)】
中山( 9.10. 9.63)勝率 9.9%、単回収値55円
東京(20.16.11.87)勝率14.9%、単回収値94円


やっぱり中山の成績は一枚落ちる。キンカメはヨーロッパのスタミナ血統が強く、「長く良い脚を使う」が「エンジンのかかりが遅い」ので広いコースが合っているのだろう。

これに対してトーセンファントムはどうか。父ネオユニ×母父トニービンで、こちらも血統は全く問題ない。ということで同様にネオユニ産駒の中山・東京での成績を探ってみる。

【ネオユニ産駒の中山・東京での成績(芝のみ)】
中山(15.13. 9.65)勝率14.7%、単回収値83円
東京(10.16. 8.91)勝率 8.0%、単回収値43円


面白いことに、キンカメ産駒とは全く逆に出た。中山の方が圧倒的に成績がいいのである。ネオユニは米欧のスピード血統を豊富に持っており「一瞬でトップスピードに持っていける」が「持続力はあまりない」。よって中山・小回り向きであろう。

この2頭、前走は東京でローズ(キンカメ)>トーセン(ネオユニ)となったが、今度の舞台は中山だけに前回の成績が逆転する可能性はかなり高いと見る。

今日はここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する