このブログは何年続くのかな…
阪神JFの予想ですが、今回はちょっと趣向を変えて、出走馬に対する私の持ってるイメージを書いてから予想に入ります。いやね、2歳戦ってなると書くこと多くなるんで、だったら思いっきり書いてしまおうかと。

シンメイフジ
SS×ミスプロと聞けば軽いスピード馬っぽいが、母父ティンバーカントリーはスタミナ血統も豊富でマイル向き。前走はスローの上がり勝負で勝っているが、ミドルペースでも全く問題ない。牝馬・阪神・マイルといえば安田隆厩舎が得意としている舞台。いくら絶不調の岩田でも馬券圏内は堅い

アパパネ
母ソルティビッドはアメリカの短距離血統で「道中スロー、ラスト3Fでズドン」のレースが得意なはず。よってマイルG1には向かないタイプと見る。もしミドル~ハイペースで流れた場合、引っ掛かってどこにもいない可能性あり。あと持論として「キンカメの相手はSSじゃないとダメ」と思ってるのだが…フィフスペトルが朝日杯で2着に頑張っちゃったからなぁ。2歳G1なら能力と調子だけでギリギリ持つかも。やっぱり押さえるべきか。

タガノエリザベート
血統構成は素晴らしい。アメリカ血統でスピード・スタミナともに豊富だし。ただ前走の京都1400mはベスト条件であり、阪神1600mに変わるのは明らかにマイナス。そもそも阪神マイルはアメリカ血統には合わないコース。ブエナビスタくらい能力が抜けてればともかく、この馬は後方で「死んだフリ」をしてやっと勝負になる馬だけに買いにくい。

ラナンキュラス
この馬もタガノ同様、スペシャルウィーク×Storm Birdのニックスを持つアメリカ血統。ただこの馬の方が競馬センスがありそうだし、先行力があるので前残りがありそう。立ち回りの上手さで上位入線はあると見る。ただやっぱりアタマでは買いにくい。

アニメイトバイオ
血統は大したことないし、関東馬だけに輸送が心配。過去3戦はいずれも前傾ラップで好走しており、G1のペースでも戸惑わないところは強調材料だが…。

ジュエルオブナイル
私は「デュランダルはサクラバクシンオーに似ている」と考えているので、阪神マイルを乗り切るには余程の好配合じゃないと厳しいのだが…母はヨーロッパの短距離血統であり、ベストは平坦1200mではなかろうか。そもそも小倉2歳Sはかなりのカスメンツの上、これぞスプリント戦って感じだったし。買う気なし。

ベストクルーズ
クロフネ×SSは速めのペースに強いし、距離もマイルがピッタリ。また今回は追い込み馬が揃っているので先行脚質なのは強み。調教は動いてないが、いつものことだし気にしなくてOK。穴狙いならこれでしょう。

メイショウデイム
マンハッタンカフェ×(ミスプロ×ナスルーラ)の配合で、スピード・スタミナのバランスが非常にいい。初マイルだし、調教でもスプリンターのような作り方してるのが気になるが…穴の魅力はある

ステラリード
血統だけなら距離が伸びても大丈夫なはず。ただ休養明けのマイナス体重、パドックで大暴れの気性。買い材料は多くない。あと新馬-函館2歳を見た感じ、もって1400mまでだと思う。

カレンナホホエミ
マイルをこなせるスタミナがない。さすがに厳しい。

タガノパルムドール
チーフベアハート×ダンスインザダークの相性はあまりよくない。新馬の時計が速く、格上げ戦でも怯むことはなさそうのはいいが、高評価するほどの内容でもなかったように思う。

タガノガルーダ
ネオユニヴァース×(トニービン×Danzig)という血統構成は、今の日本で最もクラシック向きの血統だろう。当然、マイルG1での底力は足りている。穴に一考。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する