このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
POG的厩舎分析の第3回です。今回はファンタジーSを制した厩舎にしようと決めてたんですが、思いがけずPOG界の超大物厩舎にブチ当たりました。この厩舎の分析が完璧なら今後のPOGをかなり有利に進められるんですが、さてどんな分析結果が出るやら。


第3回 松田博資厩舎


【血統的分析】
まずは近10年のPOG期間内活躍馬を挙げてみる。

<活躍馬>
アドマイヤオーラ(牡、アグネスタキオン×Caerleon)
アドマイヤドン(牡、ティンバーカントリー×トニービン)
アドマイヤジャパン(牡、サンデーサイレンス×Caerleon)
アドマイヤムーン(牡、エンドスウィープ×サンデーサイレンス)
タガノテイオー(牡、サンデーサイレンス×Danzig)
ドリームパスポート(牡、フジキセキ×トニービン)
ブエナビスタ(牝、スペシャルウィーク×Caerleon)
アドマイヤキッス(牝、サンデーサイレンス×ジェイドロバリー)
タガノエリザベート(牝、スペシャルウィーク×Storm Cat)
レーヴダムール(牝、ファルブラヴ×Highest Honor
※数が多いので、重賞勝ちか、それに準ずる成績の馬のみ抜粋


活躍馬で特に目立つのがSS系・グレイソヴリン系。この2系統を持たない馬は大きく出世できていない。そして大物は芝2000m超(牝馬なら芝1600m超)を主戦場としている。このことから松田博厩舎にはSS系・グレイソヴリン系をメインとし、Hyperion・Nijinskyなどのクロスでスタミナを補強した「現代のクラシック血統」が合っていると言える。クラシック血統をクラシックで走らせるのが得意な厩舎であり、POGでも最重要視される理由がココにある。

逆にアメリカ型のダート血統・短距離血統は相性がかなり悪い。具体的に言うと、Storm Bird系、Man o'War系、Deputy Minister系などが近親にいるとアタリの確率がかなり落ちる。またミスプロ系は大物も出ているのだが、やはりダート短距離向きの系統はまず走らないと思っていい。

なお「アタリの確率が落ちる」と書いたStorm Cat系にはタガノエリザベート(スペシャルウィーク×Storm Cat)がいるが、本質的にはこの厩舎と合っていないと考えている。後方一気の奇襲で重賞を勝ったものの、今後については懐疑的な目を向けておく、と書いておこう。外れたらゴメンw

【POGでの狙い方】
この厩舎は新聞記者等もかなり注目しているし、情報も豊富に出回っているはず。よってドラフト上位であればPOG人気している馬を素直に狙うべきだろう。ただし短距離血統・ダート血統には十分気をつけたい。ゴルディオス(母父Fappiano)やアドマイヤコブラ(父フレンチデピュティ)を避けることが出来れば、アタリを掴む可能性は自然と高まるはず。また基本的に層が厚い厩舎なので、ドラフト下位でもアタリの可能性は残されている。アタリが出やすい血統はわかっているのだから、下位指名でも面白い馬を拾えるはずだ。実際にアドマイヤムーンドリームパスポートは下位まで余っていた馬たちであり、これらを掴めれば最高である。

【まとめ】

・大物を狙うならSS系・グレイソヴリン系の中~長距離血統を狙うこと。
・ドラフト下位でもアタリがいる。血統が合っているなら隠しダマ候補に。
・近親にダート血統・短距離血統が入っている馬は極力避けること。

【2008年産の評価】
先に印から。

◎アドマイヤカーリン(牡、ディープインパクト×スプリットザナイト)
◎レーヴディソール(牝、アグネスタキオン×レーヴドスカー)
○マルセリーナ(牡、ディープインパクト×マルバイユ)
△インパクトゲーム(牝、ディープインパクト×グッドゲーム)
△デルサラード(牡、ゼンノロブロイ×テイクミーハイヤー)
△アドマイヤコリン(牡、ディープインパクト×シルクプリマドンナ)
…ミラグロッサ(牡、フジキセキ×グレースランド)

◎アドマイヤカーリン。この厩舎はアドマイヤの1番馬が入る可能性が激高であり、この馬がその大本命。配合的にも全く問題ない。ネーミングセンスには問題ありw ◎レーヴディソール。配合と厩舎の相性はかなり良い。馬のデキも良いとくれば当然ドラ1候補。○マルセリーナ。平場では稼げるがG1向きじゃないという、いわゆる「トライアル血統」。厩舎には合っているので、中位よりチョイ上で取れれば納得。△デルサラード。血統はまあまあ。ただしマツパク厩舎でありながらメディアに全く出ていない点がマイナス。吉田竜作氏でさえ名前を挙げてないし。△インパクトゲーム。母母父Storm Catでは、この厩舎が得意としている「G1血統」とは言えない。上記3頭が取れなければ、といった感じ。△アドマイヤコリンは母父がアメリカ系。しかもブライアンズタイムやIn Realityあたりはもはやダート種牡馬となりつつある。この厩舎には合わない。馬の良さでどこまで。…ミラグロッサ。フジキセキの全弟・全妹は走らない。血統だけで穴人気になるようなら不要。思い入れのある人のみどうぞ。

※当初、○インパクトゲーム、△マルセリーナとなってましたが、印が逆になっていました。正しくは○マルセリーナ、△インパクトゲームです。謹んで訂正いたします。同じディープ牝馬で間違えた…

【2009年産の評価】
◎ジョワドヴィーヴル(母ビワハイジ)
◎ザグレース(母グレースランド)
○ストレートラブ(母ラリーズン)
▲ピュアソウル(母ヒストリックスター)

今年も層は厚い。◎ジョワドヴィーヴルは使いだしが遅くなりそうなのがネックだが、厩舎との相性は最上級クラス。クラシックに間に合うと思う人は、積極的に1位でいいと思う。◎ザグレース。ディープ×トニービン×ノーザンテーストという日本的な血統はピッタリ。これまでグレースランドの産駒は「ギャル好き」のフジキセキばかり付けられて失敗し、評価を落としていたが、今年は巻き返せるはず。あとは「線が細い」というネガティブコメントをどう受け取るか。○ストレートラブ。タキオン産駒は合うが、母父がロベルト系のため、少しズブい感じになるかも。ただこの厩舎の中では上位評価だし、変に捻らずリストに加えるべきか。▲ピュアソウル。母母ベガは魅力的だが、母父ファルヴラブはキレる脚を使うタイプではなく、この厩舎に合うとは思えず。この馬が走ったら、ベガは本当にすごい繁殖だったということだろう。血のロマンが好きな方はどうぞ。

ここでひとつお願い。ここを見た方、コメントは要らないので、出来れば下の「拍手」のところをポチッと押してください。どれくらいの人が見てるのか把握しておきたいので、ご協力お願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ゴルディオス…指名したなぁ…。参考になりますねぇ。ただ、それでも、大生厩舎がマツパクを指名することは無いでしょう。
2009/11/18(水) 21:45 | URL | まっしー #-[ 編集]
>まっしーさん、毎度どもです。
マツパク厩舎は…一応指名は出来ますよ。下位指名でコッソリと指名しときゃ気付かれないのでw

2009/11/20(金) 22:44 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。