このブログは何年続くのかな…
東京10R 天皇賞・秋
まずはウオッカの取捨から考えてみたい。去年の1着馬だし、条件が合わないということは有り得ない。ただ去年と大きく違う点が1つある。2008年・2009年の毎日王冠を比較すると、ある不安要素に気付くことが出来るのだ。

(毎日王冠の内容比較)
2008年…ラップ【35.8-59.3-33.8】。スッと前に行って折り合う。最後はアタマ差で2着。
2009年…ラップ【35.8-60.0-33.6】。掛かりながら逃げる。最後は1馬身差で2着。


テンの3ハロンは全く同じである。だが2009年は掛かっているのである。休み明けでこのテンションの高さでは、かなり掛かりやすくなっていると見るべき。その分、1着馬との着差も開き、走破時計も悪くなり、総合的に見てパフォーマンスは落ちている。

そこで今回の天皇賞・秋である。あの掛かり癖に加え、コスモバルク・マツリダゴッホ・エイシンデピュティが作る速めの流れ。早め追走から失速する姿が見えてしょうがない。今のウオッカには2000mのハイペースは厳しすぎる。思い切って無印とする。

ではウオッカが失速する流れはどの馬に有利なのか。無論、差し馬である。前傾ラップに実績がある差し馬で、かつある程度の上がりの脚も持っている馬。これが今回最も展開面で有利になる馬となる。はい結論。

◎ドリームジャーニー
○ヤマニンキングリー
▲シンゲン
△エアシェイディ、キャプテントゥーレ

◎ドリームジャーニー。最も展開が向くのがこの馬。最後はしっかり伸びてくるので安定感もある。軸に最適。○ヤマニンキングリー。前走は全く条件が向いていないし、減った馬体も回復し切れなかった。今回も先行すれば危ないが、ゲートを馬也に出て、自然に差しに回るような展開になれば適性は十分。▲シンゲン。2走前のエプソムカップだけ走れば馬券圏内には届くだろう。ただ前傾ラップ実績がないに等しいので、その分評価が下がる。△エアシェイディ。鬼脚と言えばこの馬。大外枠を引いてしまったが、どうせ最後方からなので気にしない。△キャプテントゥーレ、この馬は前傾ラップ実績がないが、血統的に見ればこなせてもおかしくない。未知の魅力にびびって少しだけ押さえw

馬単で◎-○▲△、馬連◎-○▲△。馬連○▲は軽く押さえ。

ちなみにウオッカに関して、ヨメである武豊至上主義さんはこう言ってます。

「ウオッカは距離長いってユタカ様のHPにも書いてあったし、差せないんじゃないの?◎ドリームジャーニーはいいんじゃない?池添のウザいガッツポーズが炸裂すると思うよ」

お墨付きを頂きましたので、自信を持って買いたいと思いますw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私の◎はシンゲンです。条件バッチリ。単買うよ。勝てよぅ。
あ、あれ?私の○オウケンブルースリがいない。。。
東京2000mは若干短く、JCかな?とも思うけど、ここもある程度形付けないとね。
△がウオッカ、ドリジャニ、カンパニーで。
◎頭で三連単複を印へって感じで。
2009/11/01(日) 15:16 | URL | es #z8Ev11P6[ 編集]
展開まちがえた。ウオッカが抑えれば、前残りの後傾ラップになるわなー。

>esさん、毎度どもです。
オウケンも後傾ラップ向きなので、予想には入ってないです。カンパニーも、スクリーンヒーローもそうです。私が選んだ馬は5~8着でキレイに討ち死に。展開向かなきゃしょうがない。
2009/11/01(日) 16:06 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する