このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
POG的厩舎分析の第1回です。なにせ新企画なもんで、どんなアプローチにしようか思案しておりましたが…基本は「血統と厩舎の関係」をメインに据えていき、ラインとか馬主とかは軽視します。ラインってPOGでも重要視されてるけど、そういうメジャーな分析は他の誰かがもうやっちゃってるでしょ。ということでラインについて知りたい方は他を当たってください。いいサイト見つけたら私にも教えてw

そんな第1回、どの厩舎にしようか迷いましたが、まずは先週重賞勝ち馬を出したこの厩舎から。


第1回 安田隆厩舎


【血統的分析】
まずは近10年のPOG期間内活躍馬を挙げてみる。

<活躍馬>
ホーマンアピール(牡、コマンダーインチーフ×Miswaki)
カリプソパンチ(牡、ダンスインザダーク×Irish River)
ホーマンウイナー(牡、トウカイテイオー×ゼダーン)
ダッシャーゴーゴー(牡、サクラバクシンオー×Miswaki)

レディルージュ(牝、ブライアンズタイム×kingmambo)
モンローブロンド(牝、アドマイヤベガ×Machiavellian)
ムーンライトタンゴ(牝、ダンスインザダーク×トニービン)
コンコルディア(牝、フジキセキ×アンバーシャダイ)
シンメイフジ(牝、フジキセキ×ティンバーカントリー)


ぱっと見て分かるのが、ターントゥ系・ミスプロ系が非常に多いということ。この2つの血統に共通するのは「スピードは豊富」「スタミナ血統が少ない」という2点。これを念頭に置いて活躍馬を見てみると…芝1800m以上で活躍した馬が皆無ということに気付くのに、そう時間は掛からないだろう。実際、スタミナ血統が入ってきても全然出世していない。要するに、

安田隆厩舎はスタミナを付けるのがドヘタクソと言える。(言い切ったw)

もうひとつ、出世馬に牝馬が多いのも安田隆厩舎の特徴。これも理由はハッキリしている。牧場のバックアップが強力なため、スタミナがない牡馬でもクラシック狙いで中距離を使うからだ。SS産駒全盛の時代に、ノーザンファームの有力SS産駒がサッパリ走らなかったのはこれが原因である(ちなみに私はキーファクターで痛い目にあってこの秘密に気付いたw)。逆に牝馬であればスピードの違いや瞬発力があれば何とかなるので出世しやすい。

【POGでの狙い方】
この厩舎、POG歴が長い人ほど毛嫌いする傾向にあると思う。理由は「ノーザンファームから結構イイ馬入れてもらってんのに、全然走る気がしないから」。そのあげくに良血をポキポキやらかすもんだから、余計に敬遠されちゃうわけで。しかし私に言わせりゃ、

安田隆厩舎なのに、クラシック血統に期待する方が悪い。

本来取るべきは、実は短距離血統の方である。POG的にもオススメなのは、まず血統で言えばターントゥ系×ミスプロ系の馬がベスト、短距離血統ならベター。短距離戦を多く使うため、デビューは夏~秋口の馬。牝馬ならなおよろしい。それさえ知ってれば、狙い馬がかなり絞られる上、不人気厩舎なので下位指名でも十分取れるというなかなかオイシイ厩舎である。

【まとめ】

・ターントゥ系×ミスプロ系の配合がベスト。とにかく短距離血統を取るべし。
・牝馬の方が桜花賞まで夢を見られるのでベター。牡馬でも早期デビューなら可。
・クラシック狙いの大物は捨てるべし。

特に告知はしてませんが、ここではPOG的厩舎分析を行った厩舎の独断オススメ馬をこっそりアップしていきます。見つけた人はラッキー。ここから重賞勝ち馬が出たら超ラッキー。ただし取捨選択は自己責任でお願いします。

【2008年産】
先に印から。

○ホーマンフリップ(牝、フジキセキ×レーゲンボーゲン)
▲ジュライザセヴンス(牡、タニノギムレット×プルーフオブラヴ)
…アルゴリズム(牡、アグネスタキオン×Black Tie Affair)
…レッドディアーナ(牝、ディープインパクト×ケイウーマン)

◎がいないということは、積極的に上位指名すべき馬はいない、という判断です。下位指名で一考、って感じで。

○ホーマンフリップ。牝馬の早熟フジキセキ。これだけで指名の価値アリ。▲ジュライザセヴンス。平坦短距離に絞って使えば結構やれるはず。スプリンターよりは少し重いかな~?1400mのオープン狙いで。

人気になりそうなアルゴリズムレッドディアーナは様子見。前者は安田厩舎でコケるパターン「牡馬のクラシック狙い」をやりそう。後者は牝馬クラシック狙いだろうが、ディープ×スピードのない米血、という配合に大物感を感じない。だったら割り切って短距離ばっかり使いそうなホーマンを取った方がいい。

【2009年産】
◎ビキニブロンド(母モンローブロンド)
▲フランベルジェ(母ムガメール)
▲カピトリヌス(母コンコルディア)

速攻系として挙げられているのはこの3頭だが、最上位はやはり◎ビキニブロンドと見る。牝馬のミスプロ×ターントゥ、しかも母馬も安田隆厩舎に所属していただけに、厩舎としても力が入るだろう。プロフィール的には文句ない。▲フランベルジェは速攻系としては申し分ないが、牡馬のスプリンターだけに奥がないかも。目先の1勝プラスアルファで満足できるなら。▲カピトリヌスはあまり話題にはなってないが、血統的には全く問題ない。フランベルジェを上位で取るくらいなら、こちらを下位の穴候補で取った方が、ドラフトとしては満足できる結果になるのでは。

ここでひとつお願い。ここを見た方、コメントは要らないので、出来れば下の「拍手」のところをポチッと押してください。どれくらいの人が見てるのか把握しておきたいので、ご協力お願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
シンメイフジとかモロにそうですよね。
速攻系で取った人は大成功ですよねぇ。
私はマシュケナーダにいっちゃいましたが・・・・
2009/09/12(土) 10:15 | URL | es #z8Ev11P6[ 編集]
>esさん、毎度どもです。
シンメイフジはモロでしたし、私もわかってました。ただJAC-POGでは「10位:オメガアイランド08」と宣言しちゃったんで…。もし遊びなしだったら、間違いなくシンメイフジに行ってたと思われます。
2009/09/15(火) 22:55 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。