このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜の夜にアップしようと思ったら、FC2がコケててアップ出来ず。ギリギリですが一応載せておきます。

東京11R NHKマイルC
このレースはマイル戦だけあってペースは読みやすい。過去10年のうち、後傾ラップとなったのは逃げ馬不在だった2005年のみ(勝ち馬:ラインクラフト)。あとの9年は全て前傾ラップであり、しかもそのほとんどが1.0~1.6秒ほどの前傾ラップである。

展開が似ているので、好走馬の傾向も似ている。ここでNHKマイルCで有利な臨戦の馬をおさらいしておく。

・底力がいる流れ=ND系重視。
・前傾ラップ=皐月賞組重視。
・息の長い差し脚が有利=NZT組軽視。


この傾向を見た時点で1~3番人気(Bランアウト、アイアンルック、サンカルロ)は本命にする気が起きませんな。当然、他の馬から入ります。はい結論。

◎フィフスペトル
○ダイワプリベール
△ブレイクランアウト、サンカルロ、マイネルエルフ、ワンカラット、ツクバホクトオー

◎フィフスペトル。前傾ラップの函館2歳S・朝日杯FSで好走、メンバー中唯一の皐月賞組(力出し切れずの7着)、ND系の強い配合、差し馬。買い材料しか見当たらんので普通に買い。○ダイワプリベール。前傾ラップ・芙蓉Sの内容が秀逸で、叩き3走目の走り頃。これは◎にしようか迷ったが、ただ単に中山が合っただけという可能性もあるので○止まり。

基本は◎の単複、◎から○△への馬連ちょびっと。ちなみに、流れが遅くなった場合はブレイクランアウトとかアイアンルックでしょう。今年はそんなにぶっ飛ばす馬もいないので後傾ラップになるかもしれんが、そん時はあきらめましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。