このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベネズエラ、投手と守備がボロボロ。倉敷工の方が強いんじゃないのか。

中山11R スプリングS
毎年このレースはアメリカ血統の影響を強く受けている馬が走る。最も強いのがブライアンズタイム、タニノギムレット、マヤノトップガン、リアルシャダイなどのロベルト系。さらにDID・スペシャルウィークなどのアメリカ色の強いサンデー系。さらに穴馬もミスプロ系・ストームキャット系というアメリカ血統から出ている。今年の注目馬はシンボリクリスエス産駒・タニノギムレット産駒あたりか。

それと、大生式RTでトップの指数なのがアンライバルド。この馬の見立ては、

「ヨーロッパ系の血統にしては追って伸びる感じがなく、スピードに限界がありそう。ダービーよりは菊花賞向き、時計の掛かる馬場ベター」

そこで今週の時計を見てみると…フラワーカップが弱いメンバーだった割に、勝ち時計1.49.3は例年並み。つまり思ったより時計は速いと見るべきか。こうなるとアンライバルドには不利。血統も合ってない(ネオユニは合ってるが、母父がそれほど合わない)。この馬は評価を下げる。

ではさっそく印を。

◎リクエストソング
○マイネルエルフ
▲セイクリッドバレー
△フィフスペトル、サンカルロ、キタサンガイセン

◎リクエストソング。血統良し、内枠良しと条件は揃った。きさらぎ賞では消極的な競馬に映ったので評価しなかったが、福寿草特別ではヤマニンウイスカーを破っており実力はある。○マイネルエルフ。この馬も血統良し、内枠良し。能力が足りない分、思い切って行ってくれれば展開が向く可能性は高い。▲セイクリッドバレー。血統は合うし中山では堅実。大外枠がどう出るかだが、縦長になりそうなこのメンバーならそれほどマイナスにはならないと見る。△3頭はいずれも血統から。△フィフスペトルはいかにも飛びそうだが、やっかいなことに母母父がロベルトだし、内枠だしで消しづらい。

◎から手広く。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
完全に馬場を読み違えた。向かい風が強くて、時計掛かってるじゃん…そりゃアンライバルド来るわなー。

2009/03/22(日) 15:52 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。