このブログは何年続くのかな…
土曜日のアネモネSは、大生式RTにて「アネモネSに出たら迷わず買い」のツーデイズノーチスが楽勝。大生式RTが正しいことが証明されるのは嬉しい。だけど大して懐が温かくならないのはなぜだ(←エイブルインレースとのワイドのブチこんだのが悪い)

阪神11R フィリーズレビュー
大生式RTにて取り上げた馬はミクロコスモスただ1頭。この馬の見立ては「使える脚が短いタイプ」であり、本質的にはスローの上がり勝負向き。阪神内回りは直線が短いため、牝馬同士の戦いならば直線だけで持ってこれる可能性もあるが、本命にするまでもないのは確か。よって印はこうしてみた。

◎アイレンベルク
○ワンカラット
▲ミクロコスモス
△レディルージュ

◎アイレンベルク。明日のレースは前傾ラップになる可能性が高いのだが、この馬は前傾ラップとなった1400m戦で2度勝っている。負けた過去2戦は後傾ラップだけに参考外、ここで巻き返すことを期待。○ワンカラット。この馬は重いヨーロッパ血統だけに重い馬場は合う。▲ミクロコスモス。突き抜けるとは思わないが、権利を取れる可能性はそれなりに高いとみる。

◎から○▲△に軽く。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する