このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、「10月の競馬から、新たな試みをしたい」と書きましたが、実はこんなことを考えていました。


競馬予想TV!に勝手に参戦。


競馬予想TV!は9月から新シーズンが始まり、集計もリセットされてます。そこで、この新シーズンに勝手に参戦して、同じように集計し、予想家たちと勝手に勝負する、というのが今回の趣旨です。

主な参戦ルールはコチラ。

・メインレース+あしたのねらい目を「大生いっちょ!」で予想。
・予想はできるだけ、番組開始前にアップする。
・予想レースは購入金額を載せて、実際に自腹で購入する。
・競馬予想TV!と同様に、シーズン回収率、ねらい目回収率、GⅠシーズン回収率を集計。
・シーズンを通して、全体の2/3程度に参戦する。



ポイントは…できるだけ番組開始前にアップする、のところかな。土曜日の20時にアップするってのは、時間的に間に合わないかも。ただ、他の予想家の意見を聞いてからだと公平じゃないし、先出しした方が番組を楽しく見られるんで、なるべくアップは早くします。あと、シーズンの2/3程度に参戦、ってところですが、土曜日が忙しい時もありますからね。他の予想家と同じくらいの頻度で、ボチボチ予想できたらいいかと思います。


狙うは当然、3冠王!


打倒、市丸!


打倒、亀谷!


打倒、たくみ!



などと書いてたら、横からヨメさんが一言


「たくみには勝てるんじゃね?」


そりゃそうだw じゃあちょっと方針変更で。


打倒、市丸!


打倒、亀谷!



最低限、たくみ。



これでいこう(たくみさんゴメンw)。
スポンサーサイト
今週の日曜日(9月4日)、1頭の馬がデビューします。その名は


レッドグランザ(父キングカメハメハ×母父Danzig)


調教では好時計を連発しており、昆師の評判も高い。有力新馬の1頭に数えられているのですが…この馬、私にとって非常に特別な馬です。なにせ、初めての一口馬主になった馬ですから(正確には馬仲間との共同出資)。競馬を覚えて15年、昔から一口馬主になりたいと思ってたんですが、金銭面で踏ん切りがつかずに延々とPOGで鍛錬を重ねてきました。その私がリアルマネーを出して初めて買った、記念すべき1頭目がこのレッドグランザというわけです。

そのレッドグランザ、仲間と出資馬を選んだときに満場一致で出資が決まったくらい、抜けて目立っていたのを記憶してます。1頭だけ毛ヅヤがよくて、ピッカピカだったもの。しばらく満口にならなかったんで半信半疑だったんですが(なにせPOG脳しか持ってないもんでw)、ここに来て評判がうなぎ上りで嬉しい限り。一口馬が勝ち上がって、愛馬を追いかけていく、という新たな競馬の楽しみが増えると思うと楽しみですな。

ちなみに、POGで指名しても良かったんですが(むしろ指名したかった)、走らなかった時にネタにしにくいのでナイショにしてました。だって新馬戦で10着だったら本気で笑えないんですもの…
7月11日~12日にて恒例のセレクトセールが開催された模様。毎年、落札情報を楽しみに見てるんですが…今年の1億円超えはこんな感じ。

【当歳馬セール】
父ネオユニヴァース×母ウインドインハーヘア(牡)25,000 グローブエクワインマネージメント(有)
父ディープインパクト×母マジックストーム(牡)13,000 里見 治
父ダイワメジャー×母カチバ(牡)10,000 島川 隆哉

【1歳馬セール】
父ディープインパクト×母エアグルーヴ(牝)36,000 グローブエクワインマネージメント(有)
父キングカメハメハ×母マイケイティーズ(牡)26,000 島川 隆哉



1億円超えはたったの5頭。しかも本来は高額馬が多く出やすい当歳馬セールで、1億円超えが3頭だけ。ちょっと寂しい気もしますな。でもリーマンショックの後で日本の企業家が10,000万円出せるだけでもすごいのかな。本来ならこういう場にいてもおかしくないような、若いベンチャー社長みたいのが全然いないしね。意味なくホリエモンを捕まえたもんだから、日本の若い実業家が少なくなってしまったのかもね(ホリエモンに関する私のスタンスはコチラをご覧ください)。

この状況下にありながら、里見治、山本英俊、島川隆哉の「新・御三家」は相変わらず素晴らしい。馬を見る目がないのに大金ブッコんでくれるって、生産者からすればオイシすぎるでしょw 競馬ファンの視点から見ても、あーゆーキ○ガイ道楽オヤジがいてこそ面白い。しかも大金で買った馬がしっかり走ると「やっぱりカネか」みたいなシラケムードになるところが、この人たちの馬は全く走らないところが素晴らしいw 種銭が尽きるまで、大いに競馬界に貢献してもらいたいもんです。しっかし、エアグルーヴウインドインハーヘアに大金ツッコむのはまだわかるけど、トーセンのオヤジは何故マイケイティーズという一発屋(プレイも含めりゃ二発屋だけど)に26,000万円もツッコめるのか全くの謎。トーセンオヤジの面目躍如ですなw
昨日のドバイワールドカップ、テレビで見られなかったのでニコ生で見てましたが…いやー大興奮でした。



日本馬、悲願のドバイワールドカップ初制覇!

ヴィクトワールピサ、トランセンド、よくやった!




ヴィクトワールピサは最後方から捲くっての勝利。スローを見越しての大ファインプレー。日本のジョッキーで何人が同じことを出来たのか。さすがはデムーロとしか言いようがない。

そしてもっと驚いたのがトランセンド。スローとはいえ、ヴィクトワールと張りはうとは誰も思ってなかったんじゃないか。しかも藤田伸二-安田隆行-前田幸治ラインが世界の2番手ということは、日本の競馬レベル自体が底上げされていると言っても過言ではあるまい。今後の日本競馬にとって、非常に明るい兆しが見えたと思います。

それとブエナビスタは見せ場なく8着。ジョッキーを固定できず、代打にムーアを頼んでこの始末。スミヨンがダメなら、ノリでもアンカツでも乗せればいいのに…。正直なところ、日本人ジョッキーを軽視しまくる風潮は気にいらんので、この敗戦によって外国人ジョッキー重視の流れから少しでも脱却してくれれば…

そうそう、ようやくトップの画像を張り替えられましたw ずっと「WBC2連覇」になってたからなぁ…久しぶりの明るい話題で、見ているこちらも嬉しくなりました。
地元POGのドラフト1位・レーヴディソールが阪神JFを勝ってくれて、今年のPOGはとりあえず安全圏(=勝ち組)へ。でも…贅沢かもしれないけど、やっぱりダンスファンタジアに勝って欲しかったなぁ(+_+) レーヴのように「誰でも取れる馬」じゃなくて、ダンスのような「自分じゃなきゃ取れない馬」で勝った方が嬉しさ倍増だもんね。

まあでも、G1勝ちはG1勝ち。レーヴをドラフト1位で行ったのが正解だったってことにして、納得しましょ。

それにしてもダンスファンタジアは引っ掛かりまくってたなぁ。ていうか、最近ユタカが乗る有力馬って、引っ掛かる馬が多いような気がするけど…気のせいか?

それと本文とは関係ありませんが業務連絡。12月以降、仕事が忙しくて満足にブログが書けてません。こんなこと言いたかないが、明らかに上司が決めてる仕事配分がオカシイっすわ。一部の人に仕事が集中しすぎてて、仕事全体が回ってないもの。こんな状況ですので、12月中は週中のブログ更新が難しいかもしれません。つーか来年になって改善されるのかどうかもわからん。当ブログを見に来てくれている皆さん、仕事が落ち着くまでは無駄足が多くなるかもしれませんが、どうかご容赦ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。