このブログは何年続くのかな…
阪神11R 宝塚記念
ポイントは以下3点。
・リピーターレース。宝塚記念、有馬記念での好走実績がある馬は要注意。
・スタミナ血統は必須。ディープインパクト、ステイゴールド、キングカメハメハが特注。非SS系も台頭しやすい
・高速馬場でキレを活かしてきた馬は躍進が難しい。先行して粘れる馬の方がいい。

ここで1点補足。宝塚記念は有馬記念との連動が多いのだが、今年の出走馬は重馬場専用のサトノクラウン、欧州遠征でリズムを崩したサトノダイヤモンドの2頭。アテにしない方がいいだろう。となると「これから有馬・宝塚で好走しそうな馬」を狙うイメージでいいだろう。また宝塚記念はタフなレースになるのでスタミナが必要。特に米欧混血のズブいタイプの方が好走しやすい。高速馬場や平坦で、キレを活かしてきたようなディープ産駒は割り引いていいだろう。

はい結論。

◎ストロングタイタン
〇ダンビュライト
▲パフォーマプロミス

◎ストロングタイタン。非SS系でタフな競馬に強い上、Roberto、Ribot、Seattle Slewなど宝塚記念と相性のいい米血スタミナを多く持っている。先行力もあるし、直近の状態もかなり良さげ。〇ダンビュライト。ルーラーシップはスタミナ血統を豊富に持つし、2200mはベスト。先行力もある。▲パフォーマプロミス。父ステイゴールドは相性よく、母父タニノギムレットは非根幹距離のスタミナを持つ。勝ち切るまでのイメージはないが、馬券圏内なら十分ありそう。△ミッキーロケット。前走の天皇賞は距離が長すぎた。適性距離であれば巻き返しは可能。

ヴィブロスは消す。宝塚・有馬とも使っていないが、適性的に合わないと判断してのことだったはず。ここで適合するとはとても思えず。ワーザーも切る。弱メンツで穴人気になっているが、中距離最強の日本で、アウェーでありながら好走できるほど抜けた実力はない。もうちょっと抜けた実力があるなら買ってもいいが。

◎から馬連三連複を。
スポンサーサイト
ゴールデンウイーク突入ということで、皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は少しだけ仕事の疲れを癒したあと、家の片付けをやってます。2016年に家を新築したんですが、これまで家に誰かを呼んだことがないので、接客できるよう準備してます。あとは家庭菜園の季節なので、去年の土を乾かしたりとか。

今日は近況を書ける余裕があったので少しだけ書いて、天皇賞の予想です。

京都11R 天皇賞(春)
このレースのポイントは以下3点。

・内枠絶対有利。特に1~2枠はかなりの高確率で馬券になる。
・欧州スタミナ血統、特にトニービン系、テスコボーイ系、ディクタス系が強い。ハーツクライ特注
・最近は乱ペースになることが多く、気性に不安のある馬が中~外枠に入ると厳しい。

3つ目のポイントは意外と重要かもしれない。天皇賞(春)は長距離戦だというのに、6~7ハロン目がやたらと速くなり、スピードが一段階上がる。そのため乱ペースになりやすく、逃げ馬に厳しいペースになりやすい(ここにキタサンブラックの凄さがある)。

はい結論。

◎チェスナットコート
○シュヴァルグラン
▲カレンミロティック
△ガンコ

◎チェスナットコート。血統ドンピシャ、枠絶好、京都外回り実績もある。鞍上も天皇賞(春)に実績ある蛯名が連続騎乗しており、死角がない。サブちゃんに続いて、遂にAKBグループ(窪田康志)がG1勝つか?○シュヴァルグラン。普通に考えれば能力最上位だし、血統も合う。ただ枠がイマイチで、強気に乗りすぎて何かに差されると思う。でも消すのはやりすぎ、普通に買う。▲カレンミロティック。2016年とほぼ同じ状況が出来上がった。2016年のキタサンブラックに迫った長距離適正が本物だとすれば、ここでもしっかり抑えたい。△ガンコ。ナカヤマフェスタ産駒(父ステイゴールド)なので適正はある。もう少し荒れた馬場が良かったが、内枠チョイ差しという展開は絶好だろう。

◎から馬連三連複。馬体重がおかしくなかったら、単複も勝負してみる。完璧な臨戦の馬が複勝2.5倍つけば相当オイシイですしね。
今日も軽く予想。

阪神11R 桜花賞
◎リリーノーブル
○アーモンドアイ
▲マウレア
△フィニフティ、プリモシーン

今週の阪神を見ていると、米血がかなり強いように見える。もちろんディープ産駒は向いているのだが、ディープの中で米血が強いフィニフティ、マウレアあたりが外枠を引いた。となると、総合的に考えて◎リリーノーブル。絶好の中枠、血統も合っている。○アーモンドアイ。これもディープ産駒ではないが絶好枠。▲△はディープで米血に寄せたタイプ。

ラッキーライラックは能力最上位だし、好走の可能性も高いが、多頭数最内枠の経験がなさすぎる。ちょっとリスクが高すぎるので、飛んでもらう方に張りたい。

◎から馬連三連複。
今日も時間がないので、予想印のみ。

◎アルアイン
○ヤマカツエース
▲ペルシアンナイト
△サトノダイヤモンド

大阪杯は中距離のチャンピオンレースなので、適性は中距離ホースにあるのだが、人気は天皇賞向きの長距離馬が背負うという変わったレース。キタサンブラックのような馬から入ってもいいのだが、馬券的に旨みがあるのは、ステファノスのような中距離馬。ということで今回は◎アルアイン。有力馬の中で、春の天皇賞を視野に入れていないであろう馬はこの馬のみ。○ヤマカツエース。インの馬場が良く、先行馬が引っ張る流れなら、内枠先行馬をノーマークにはできない。血統も合う。▲ペルシアンナイト。○と同じ理由で、内枠で血統が合っている。脚質が微妙なので信頼度はやや落ちるが悪くない。△サトノダイヤモンド。これも内枠だが、タフな馬場は血統的に合っていない。ソツなく乗ってくれば。

信頼できるのは◎のみなので、基本は◎の単複でいいような気がする。相手は内枠に絞る。
中京11R 高松宮記念
今日はあまり時間もないので結論から。

◎ブリザード
○ファインニードル
▲ダンスディレクター
△外枠の差し馬

◎ブリザード。香港の一流馬がこのレースを狙ってきた場合、期待値はかなり高い。今回の日本のメンバーは世界で通用するようなレベルではないので、単純に能力差で押し切れないか、というのがひとつ。もう一つは血統。ダンチヒ系の塊のような血統だが、今開催はダンチヒ系が面白いように走っている。今の馬場に合いそうなのが強調材料。○ファインニードル。アドマイヤムーン産駒は高松宮記念で強いし、先行馬で残るならこれか。▲ダンスディレクター。京都巧者のイメージがあるが、差し競馬になれば確実に差し込んでくるはずで。△外枠の差し馬。土曜日はとにかく外差し有利だったので、1頭くらい変なのが入るとすれば外枠と見る。

◎から馬連ワイド3連複。