このブログは何年続くのかな…
東京11R 毎日王冠
このレースはかなり特徴があるせいか、私も結構得意としている。今回のポイントは以下3点。

・かなりの確率で後傾ラップとなる
・先行馬がかなり有利
・「超」高速上がりを使える馬が有利

スローの後傾ラップで、先行して「超」高速上がりが使えるタイプ。簡単に書いたが、意外とこういう馬に合う条件は少ないため、毎日王冠で穴を開けやすい。しかもチャンピオンホースは「スローの後傾ラップ」というレースでそこまで強くないので、案外取りこぼしやすいのだ。毎年このタイプがいるとは限らないが、もしいた場合は真っ先に狙いたい。過去ではスーパーホーネットとか、カンパニー(覚醒後)とか、ジャスタウェイなんかのイメージを狙えばよい。

で、今年は上記にピッタリな馬がいるので迷わず軸にする。はい結論。

◎アストラエンブレム
○ソウルスターリング
△2.3.7.8.9

◎アストラエンブレム。初夏と初秋に使っているが、使い詰めというほどでもない叩き2走目。気性的にアテにならないし、ソラを使う面があるが、今回は相手が強いのでフルパワーを出し切れるのでは。○ソウルスターリング。後傾ラップの先行馬で、高速上がりも使える。ただ「超」高速の上がりではないので、今回は取りこぼして2着というのは十分にありえる。

逆に怪しい馬はサトノアラジン。前傾ラップ差し馬であり、位置取りも後方から。このタイプは届かない可能性が非常に高い。

◎○の馬連ワイド三連複が本線。三連単は◎アタマをボーナスの意味合いで少しだけ。

スポンサーサイト
東京11R 毎日王冠
通常の年なら上がり33秒前半の脚が必要となってくるが、今回は重馬場。先行馬で上がり33秒後半の脚を使える馬が最も有利になるだろう。血統はニジンスキー系、キングマンボ系が合うはず。はい結論。

◎アンビシャス
○クラレント
▲ダノンシャーク
△1.2.5.9.10

悩ましいメンバーだが、適性から考えて◎アンビシャス。仕上げの問題はあるが、適性としてはピッタリ。軸はこの馬から入る。○クラレント、▲ダノンシャークはニジンスキー系を持つ。

3連複で◎-○▲-印を軽く買う。

京都11R オパールS
内枠先行馬が絶対有利だが、このレースは逃げ先行がかなり揃った。内枠チョイ差しが展開向きそう。はい結論。

◎アルマワイオリ
○マイネルエテルネル
▲ジャストドゥイング
△3.5.6.10

◎アルマワイオリ。逃げ馬を見ながら絶好位で進められそう。○マイネルエテルネル。逃げ馬を行かせて2列目から。OP特別では崩れておらず、前が潰れれば台頭してきそう。

◎と○から広めに。馬連と3連複を。
中山11R オールカマー
中山芝2200mは特殊なコースであり、コース適性が要求される。同条件を勝っている馬は要注意。馬場がやや力の要るスタミナ馬場で、ロベルト系やトニービン系などのスタミナ色強い血統が合う。はい結論。

◎クリールカイザー
○ゴールドアクター
▲マリアライト
△ショウナンバッハ、ツクバアズマオー

能力で言えばG1馬2頭が抜けているが、適性だけなら◎クリールカイザーも負けていない。中山芝2200mはベスト条件で、AJCCやオールカマーでも実績があり、陣営としてもここは勝負掛かりだろう。絶好枠を引けたし、外枠の逃げ馬を行かせて番手で悠々進められるのもいい。

◎-○▲の馬連と、◎-○▲-○▲△の3連複を。

阪神11R 神戸新聞杯
今年の3歳牡馬はレベルが高く、特に春のクラシックに出てきた馬は簡単には負けないだろう。実際、先週のディーマジェスティは秋初戦を圧勝。サトノダイヤモンドもちょっとコケそうにないかな、というのが正直なところ。広い阪神コースは実力通りに決まりやすいこともあるし。

はい結論。

◎サトノダイヤモンド
○ナムラシングン
▲カフジプリンス
△マイネルラフレシア、エアスピネル、レッドエルディスト、ミッキーロケット

◎サトノダイヤモンド。普通に買い。○ナムラシングン。ナムラは阪神で走るイメージ強いし、前走は1000万下を圧勝。ここは勝負掛かり。▲カフジプリンス。前走は単純に位置取りのミス。スタミナ勝負ならバチコイで。

◎をアタマにした3連単でいく。◎-○▲-○▲△と、◎-○▲△-○▲を。
阪神11R セントウルS
去年はスローペースとなり、ディープ産駒が2・3着に飛び込むレースとなったが、今年も逃げ馬は不在。ビッグアーサーは先行するだろうが、王者として挑むトライアルで逃げる可能性はほぼない。ということは、今年もスローではないか?ビッグアーサーを目標として、スローで差し切るキレを持っている馬から入りたい。はい結論。

◎ウリウリ
○ビッグアーサー
▲ネロ
△ダンスディレクター、レッドアリオン

去年の再現と踏んで◎ウリウリ。スローになった時のキレなら随一だし、枠も後入れ中枠と絶好。○ビッグアーサー、普通に強いし、当然アタマまである。▲ネロ。この馬はやや枠が外すぎるが、先行して逃げてしまえば完封できる可能性がある。△ダンスディレクター、レッドアリオンはSS系が強い2頭をチョイス。

本線は◎▲-○-印の3連単。ネロの出方次第で着順変わるだろうが、ネロは控える(外のラヴァーズがジャマ)とみてウリウリを上位に。

中山11R 京成杯AH
先行有利、米血有利のレース。ロベルト系がよく走るレースで、ディープ産駒を喜んで買うレースではない(※押さえるのは可)。はい結論。

◎クラリティスカイ
○ピークトラム
▲ダイワリベラル、
△カフェブリリアント、ダノンプラチナ、ロードクエスト

◎クラリティスカイ。内枠先行馬。米血の塊で、前走は逃げられずに着順を落として人気もない。適性は明らかに今回の方が高く、一変を期待したい。○ピークトラム。この馬も先行力がある。米血はやや弱いが、先行すれば安定して走ってくる。▲ダイワリベラル。内枠×ダイワメジャー×中山の北村宏。確実にパフォーマンスを上げてくるコラボに期待。

◎から馬連3連複。○も人気ないので、こちらからも少し押さえ。
9月になりました。この夏はいろいろありましたが、ようやく落ち着きを取り戻しつつあります。あと2011年産のPCが壊れたのでブログも書けなかったんですが、9月に入りASUSのネットブックを購入しまして、ようやく文章を書ける体制も整いました(書くとは言ってないw)。ただHDDが貧弱なのと、PC買ったばかりなので、TARGETはまだ作動しておりません。競馬の方は精度高くないかもしれませんが、ぼちぼち復帰していきます。

小倉11R 小倉2歳S
ポイントは以下3点。

・インの馬場はかなり悪そう。外枠を中心に、内枠はかなり割り引く。
・経験が2戦以上ある馬は有利。またハイペース経験は必須。
・血統は米血、特にダート血統馬が有利。

小倉8Rを見ていた感じ、内はかなり悪そう。明らかに逃げ切り体制だった2番枠の馬が垂れたし、基本は外狙い。後は前傾ラップ実績のある未勝利勝ち馬を探せば、かなり絞れるはず。はい結論。

◎キョウヘイ
○メイソンジュニア
▲ブラックランナー
△オールポッシブル

◎キョウヘイ条件にぴったりなのはこの馬しかいない。父リーチザクラウンは夏競馬しか走らないような血統だし、ここは何としても取りたいところ。○メイソンジュニア。血統はダートという感じはないが、小回り平坦に強いDanzigクロスがある。また前走のレベルが高く、そこを完勝している能力にも期待。▲ブラックランナー。枠と血統がいい。芝代わりでどこまで変われるか。△オールポッシブル。短距離向きの血統、差し届く流れになれば。

◎は堅軸とみて単複が基本。○▲△への馬連と、◎-○▲△-適当なところに3連複を。