このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中山11R 皐月賞
このレースのポイントは以下。

・今年はかなりの高速馬場。先行馬か、イン差し馬を狙いたい。
・高速馬場なので、血統はアメリカ血統に偏るはず。
・後傾ラップを先行して勝ったことのある馬を狙いたい。

過去の高速馬場といえば、2004年の皐月賞がイメージ近い。ラップは【35.3-59.7-34.4】、1着はダイワメジャー(2-2-2-2)、2着コスモバルク(6-7-4-5)、3着メイショウボーラー(1-1-1-1)。この3頭の共通点は「アメリカ血統・先行馬・マイル寄りの距離適性」。メイショウボーラーが3着に来るくらいだから、スタミナがない馬でも流れ込めるレース質になるはず。

では、前哨戦の中で、後傾ラップ決着になったのはどのレースかを見ておこう。該当は意外と少ない。

2017年に後傾ラップとなった重賞レース

**毎日杯【35.2-60.1-34.4】
フラワーC【36.5-61.1-35.3】
**弥生賞【36.6-63.2-35.0】
共同通信杯【36.0-60.6-34.7】
**京成杯【36.9-61.6-36.3】


これらのレースで好走したアメリカ血統を狙いたい。くどいようだが、今年はマイラーでも走れるはずなので、距離は問わない。はい結論。

◎アウトライアーズ
○ファンディーナ
▲アルアイン
△トラスト

◎アウトライアーズ。2走目の中山芝2000mで、後傾ラップを大楽勝。アメリカ血統も合う。先行馬ではないので勝ちきれないかもだが、イン差しで馬券圏内は十分ある。○ファンディーナ。人気だが、すべての条件が合っている。馬券戦略的に本命にはしていないが、今年勝つのはこれっぽい。▲アルアイン。ひっくり返すならこれ。アメリカ血統でマイラー、かつ前哨戦の毎日杯を後傾ラップで楽勝。今年の条件にぴったり合っている。△トラスト。大外枠の先行馬、行ってしまえば展開的に最も有利。14番、16番が先行馬なので、楽に前に行けそうなのもいい。

◎-○▲が大本線だが、縦目も押さえる。3連複は◎○▲3頭から、強弱つけて手広く。○
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハーツクライが来ない高速馬場。ディープを勝たせる馬場かなあ。
ペルシアンナイトはハービンジャーと思わず向き合う必要がありそう。ただ、今年の皐月賞はマイル戦ですわ。ダービーの参考にはならない。まあクリンチャーかな。
2017/04/18(火) 14:01 | URL | n #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。